餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「ibisBrowserDX」からの英文メッセージ

スポンサーリンク


いつものように、X02HTで「ibisBrowserDX」を立ち上げてみたところ、突如、このような英文メッセージが出てきて驚いた。一瞬、深刻なエラーでも発生してしまったのではないかと思って焦ったが、よく文章を見てみると、その内容はすぐにわかった。
以下の画面と比較してみれば、一目瞭然だと思う。

何のことはない。毎回表示され続けていて、かつ黙殺しつづけていた、新バージョンのお知らせが英文に変わっただけのことであったのだ。
ということで、英文の意味はわかったが、いったいなぜこの表示が突然英語に変わったのだろう。僕があまりに黙殺を続けているから、「日本語が通じない人」だと思ったのだろうか。まさかそんなことはあるまいが、少し気持ちが悪い。
「設定→言語選択」で英語に変更できることは知っていたけれど、そんな設定を変更した覚えはない。そもそも、英文メッセージが出たのは、あとにも先にも、この1度きりだったのだ。
ibisBrowserDXを再起動すると日本語で表示されたし、英文メッセージの時も、他のメニュー表示などは日本語だった。これはどう考えても設定変更による現象ではないだろう。実に不思議だ。
それでも何かの弾みで間違えてしまったのかと思って、本当に言語変更を行ってみると、微妙な違いがあった。一見、最初の画面と同じメッセージに見えるけれど、僅かに、違う。おわかりだろうか。

違いがあるのは、本文ではない。メッセージの表題だ。この画面では「Information」と表示されているのに、最初の英文メッセージでは「情報」という日本語表示のままなのである。うーん、不思議だなぁ。
そんなことで悩む前に、さっさとバージョンアップをすればいい(しなければいけない)と思う*1のだけれど。

*1:そもそも2月1日のエントリーでは、すぐにでもアップデートするようなことを書いていたのに、気がつけば月末。我ながらズボラだなぁ…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ