餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

鉄壁の役割分担

スポンサーリンク

X02HTとiPod touchを一緒に持ち歩く場合、ANIARAで共存させるのがオススメというのは、以前のエントリーで書いた。最初は心配したiPod touchのキズも、X02HT純正保護ケースを併用する方法で解決。実に快適だった。
しかし、X02HTにクリケを装着してから、少し悩ましいことが出てきた。クリケを装着したまま保護ケースに入れると、保護ケース内で流石に嵩張るため、簡単に引き抜くことができなくなってしまうのだ。

ANIARA内に納めた場合、X02HTが簡単に引き抜けず、純正ケースも引きずられてしまうため、つられてiPod touchまでもが一緒に出てきてしまう。少しでも気を抜くと飛び出てしまうほどだ。正直、ちょっと危ない。
クリケにこだわるなら、ANIARAでの共存を諦めるか、それともiPod touchのキズを見切って、保護ケースを外して共存させるか…などと考えはじめていたところ、ふと、あることに気がついた。
X02HTは、クリケを装着しているのだから、わざわざ保護ケースに入れる必要はない。考慮すべきはiPod touchのキズなのだ。
ならば、むしろiPod touchの方をケースに入れればいいのではないかと。X02HTとiPod touchのサイズは、ほぼ同一なのだから、おそらく問題ない筈だ。

果たしてそれは正解だった。撮影のため、保護ケースも引っ張り出しているが、実際は、ケース内のiPod touchだけを簡単に引き抜くことができる。
単にケースの役割分担を変更しただけなのに、今度は、どちらの端末も自由に出し入れ可能で引っかかることはなく、実に快適。これはまさに鉄壁の2台持ち環境だと思う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ