餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

デイリー杯2歳ステークス

スポンサーリンク

タガノアイガーの回避で、一気にモチベーションが下がってしまったの
だけれど、こういう時こそ冷静に予想できるかもしれない。(本当か?)


今日は時間もないので簡単に。


人気はマルカシェンクで断然だろう。
新馬戦の勝ちっぷりは圧倒的で、クラシック級の器であることを
感じさせた。
ただ、今週の追い切りがチグハグだったのは気になるし、鞍上福永の
コメントも歯切れが悪い。
それに、新馬でゆったりとした2000メートルを使いながら、2戦目に
マイル戦を使うというローテーションも微妙だ。
加えて、出遅れの危険性も孕む。
最内枠を引いてしまったことで、出遅れた場合うまく抜け出せないの
ではないかという不安も残る。
ということで、素質と将来性は認めつつも、今回はやや評価を落とす。


本命は武ダイアモンドヘッド。
一息入っているが、仕上がりは悪くなさそうだ。
母父ダンチヒのサンデーサイレンス産駒ならば、早熟である可能性が高く、
今回だけはマルカシェンクに勝てるチャンスがあると思う。
マルカシェンクが馬群を捌いている間に、悠々と先行して抜け出している
武豊のイメージが浮かぶ。


おおかたこの2頭で堅いと思うが、3着候補は混戦だ。
素直に考えれば、阪神マイルでいい勝ち方をしているトーヨースルーオだろう。
新馬戦で楽々退けたアドマイヤメインが、先週の未勝利戦を楽勝しており、
そう考えるとここでも狙えそうなのだが、鞍上小牧太*1で消し。
かといって、他にこれといった馬は見あたらないので、悩む。
無理矢理選ぶなら、アグレッシブ後藤騎乗が魅力のリッカキセキ、札幌組の
スーパーホーネットあたりだが、どうにも難しい。


馬券としては、ダイアモンドヘッド→マルカシェンクの馬単を中心に、
絞って考えることにしよう。


◎ダイアモンドヘッド
○マルカシェンク
▲リッカキセキ
△スーパーホーネット

*1:僕の天敵。基本的にヘボだと思っているので、よほど実力が抜けていない限り小牧太騎乗の馬は買わないことに決めている。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ