餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「エニタイムフィットネス」退会手続きと、セキュリティキーの取り扱いについて

スポンサーリンク

今日、6/1から、エニタイムフィットネスが全店営業再開となる。

僕の住んでいる東京では、4/8から休業になっていたため、約2ヶ月ぶりの再開だ。

待望の…と言いたいところなのだけれど、僕の心は曇っていた。

再開に伴い、さまざまなルール、制約が課せられてしまうことになったからである。

その思いについては、このエントリーで詳しく書かせていただいた通り。

こんなご時世だから、いろいろと制約が出てくるのは、仕方がないとは思う。

ただ、利用者として、使いにくくなってしまったことは間違いない。

マスク着用必須、入場制限、他県店舗利用の禁止…。

ふらっと気軽に、いつでもどこでも利用できるのが、エニタイムフィットネスの大きな魅力だっただけに、それが大きく削がれてしまったことは残念だった。

だからまずは、退会を検討したのだけれど、制約がなくなれば、また利用したいという思いもあった。

となると、僕は、大きな迷いが生じた。

エニタイムフィットネスのWebサイトによると、「退会→再入会」時には、セキュリティキーの再発行手数料5,500円が必要となっている。

また、休会にあたっては、1ヶ月当たり1,100円がかかるとなっている。

いずれにしても経費は必要で、この決断は迷うところだった。

優柔不断な僕は、昨日、かなり悩んで、僕の登録している○○店のメールアドレス*1宛に、このようなメールを送った。

さまざまな制約が解除されれば、再び利用したい。その場合、「いったん退会→再入会」すれば良いのか。それとも、「休会」扱いの方が良いのか。

という相談だった。

これは本来、僕が考える話で、店員に相談することじゃない。

だから僕は、《退会か休会かについては、お客様のご判断になります。》などという回答が返ってくると覚悟していたのだけれど…違った。

このような返信が届いたのだ。

一度5月末で退会されることを推奨いたします。
○○店への再入会の場合、以前使用されていたセキュリティキーをお持ちいただければ再利用が可能でございますので初期費用が発生する事はありません。
※他店舗への再入会の場合は、初期費用が発生いたします。

なんと。

セキュリティキーは、再入会時に再利用可能!とのことだった。その手数料が不要ならば、休会する必要なんてない。退会一択だ。

ということで、僕は、店員に退会の意思を伝えると…

f:id:ICHIZO:20200601035433j:plain

このようなPDFファイルが送付されてきた。

署名欄には、予め僕の名前が記載されており、店舗に行く必要もなければ、サインも必要なかった。あっけないものだ。

再入会にあたって、セキュリティキーが再利用できるという記述は、エニタイムのWebサイトには掲載されていないし、ググッても出てこない。

だから、もしかするとこれは、○○店(僕の登録店舗)独自のルールなのかもしれない。

エニタイムは、店舗毎に独自ルールを設定できるようなので、もしも、僕と同様に悩んでいる人がいるなら、まずは、店舗に相談してみることをお勧め。 

f:id:ICHIZO:20200601030826j:plain

 2年半の間、家の鍵とともに、肌身離さず持ち歩いていたセキュリティキー。

すっかり汚れてしまったけれど、実用的には問題なかった。

再入会時にも使えるということなので、しばらくは、大切に保管しておくことにしよう。

*1:エニタイムの問い合わせは、基本的に各店舗のメールアドレス宛に送る形になっている。


マラソン・ジョギングランキングへ