餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

iPhone背中を叩いてみれば…スクリーンショットの音がする。

スポンサーリンク

iPhoneには、iOS14から、《背面タップ》という便利機能が加わった。

先日、SNSでそのネタを書いたところ、意外にも、「知らなかった」という人が多かったので、ブログでもご紹介させていただくことにしよう。

その使い方については、AppleのWebサイトに詳しく書かれている。

iOS 14 で「背面タップ」を使えば、iPhone の背面をすばやく 2 回または 3 回叩くだけで、コントロールセンターを開く、スクリーンショットを撮る、アクセシビリティ関連のアクションを呼び出すなど、さまざまなことができます。

iPhone で「背面タップ」を使う - Apple サポート

僕は、この機能を、スクリーンショットに割り当てて、とても便利に使っている。

割り当てに伴う設定は、実に簡単。

f:id:ICHIZO:20201227021430j:plain

 「設定」画面から「アクセシビリティ」を選択。

f:id:ICHIZO:20201227021503j:plain

 「タッチ」を選択。

f:id:ICHIZO:20201227021552j:plain

スクロールすると、一番下に「背面タップ」というものが現れるので、それを「オン」に変更すると、ダブルタップ/トリプルタップに、アクションを割り当てることができる。

f:id:ICHIZO:20201227021729j:plain

f:id:ICHIZO:20201227022029j:plain

ということで、僕は、ダブルタップをスクリーンショットに割り当てた。

僕のiPhone SEでは、これまで、スクリーンショットを撮影する場合、《サイドボタンとホームボタンを同時押し》する必要があった。

これは、片手でiPhoneを支えながら、もう一つの手で行う必要がある*1ため、両手で操作しなければならなかった。

f:id:ICHIZO:20201227024117j:plain

そう、こんなイメージ。

それが、iPhoneの背中を、軽くポンポンと2回押すだけでスクリーンショットが取れるようになったのは、実に快適。

両手を使わずに済むからだ。

実際、今回のエントリーに掲載したiPhoneの画面も、全て背面ダブルタップで撮影したものになる。

僕は、ブログのネタとして、スクリーンショットを多用するため、便利になったのは嬉しい。

ということで、「iPhone背中を叩いてみれば、スクリーンショットの音がする。」ということになる。

消音モードを「オン」にすれば、スクリーンショット音は鳴らないのだけれど、まぁ、こじつけタイトルにしたかったので、ご容赦w

ちなみに…。

FACE ID採用のiPhoneを使っている人は、《音量を上げるボタンとサイドボタンの同時押し》で、片手スクリーンショット撮影ができるため、背面ダブルタップは、他の機能に割り当てた方が便利かもしれない。

*1:器用な人ならば、片手で持ったままできるのかもしれないが、僕には無理。


マラソン・ジョギングランキングへ