餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

4年半、寝食を共にした相棒。Jawbone UPとお別れ…か。

スポンサーリンク

僕の身体の一部、と言っていいガジェットだった。

4年半前、2013年の4月。

僕は、このJawbone UPに出会い、発売日にゲット。

非常に気に入って使い始めたが、とにかく故障しやすかったので、予備機も含めて、買いまくった。

バージョンアップモデルが出た時には、もちろん買い換えた。

結局「Jawbone UP 3」まで行き着いたが、安定性やバッテリ性能を鑑み、二代目であるJawbone UP 24に戻り*1、それからずっと使い続け、今に至っている。

Jawbone UPは、走っている時、食事をしている時、そして眠っている時まで、いつも僕とともに暮らしてくれた。

単なる比喩じゃない。

f:id:ICHIZO:20171024041930j:plain

Jawbone UPでは、ランニングも、睡眠も、食事も記録できるのだ。

寝食に関する、さまざまなアドバイスだってしてくれる。

f:id:ICHIZO:20171024041953j:plain

f:id:ICHIZO:20171024042004j:plain

こういったアドバイスに、これまでどれだけ助けられてきただろう。

だから、僕は、まさにこのガジェットと、4年半寝食を共にしてきたと言っても過言ではないのである。

それが…どうにも不調になってしまった。

このUP24は、本体のボタンを押すとランプでマークが表示され、活動モード(太陽マーク)と睡眠モード(月マーク)を切り替える仕組み*2

しかし、数日前から、ボタンを押しても、切り替えランプが、何の表示もされなくなってしまったのだ。

完全に壊れた、というわけではない。

活動量は計測してくれるし、睡眠時間も、アプリ側から「この時間は眠っていた」と指定すれば、後追いで認識させることはできる。

f:id:ICHIZO:20171024045730j:plain

だから昨日も、睡眠や軽いジョグの記録などもしっかり残してくれている。

ただ、今後もこのパターンで使い続けていくのは難しい。

UPシリーズが何より優れているのは睡眠計測機能。それが生かせないのでは、UPを使う意味がなくなってしまうからだ。

モード切替の手順を踏まない後追い認識だと、その精度に疑問が残るし、何よりとても面倒。だから、僕はどうにも困っている。

不調ならば、ソフトリセット、ハードリセットを行えばいいではないか?と思われるかもしれない。僕も最初はそう思った。

しかし…ダメだった。

UP24の場合、そのどちらのリセット操作においても、「本体のボタンを押して、太陽や月のマークを表示させる」ことが前提。

しかし、それが不能な状態になってしまっているからである。

一応、使い続けることはできるとはいえ、毎日手動で睡眠認識させるのは厄介だし、その精度にも疑問が残る。

さらに、切り替えランプも表示できない状況では、いつ完全に壊れても不思議ではなく、そうなる前に決別しておいた方が…と思えてきたのだ。

今、僕は、活動量計として、fitbit charge 2も併用している。

fitbit charge 2は、非常に優れた活動計なので、これに一本化し、UP24とお別れしても、きっと、特に問題はない。

ただ、僕は、UPと4年半以上寝食をともにしてきただけに、やっぱりちょっと未練が残るのだ。

Jawbone UPシリーズは、もう生産中止になってしまったが、このUP24は残在庫があるようで、販売としては継続中。

UP24 by Jawbone Wristband iOS対応【並行輸入品】 (M, onyx)

UP24 by Jawbone Wristband iOS対応【並行輸入品】 (M, onyx)

 

しかもそれほど高くないので、買い換えるということもできなくはないのだけれど…。

*1:モデル名だけだとよくわかりにくいのだけれど、発売順に並べると、初代UP→UP24→UP3→UP2(UP3の廉価版)となっている。何だかメチャメチャw

*2:後継のUP3は、自動でモードを切り替えてくれたことに比べると、ちょっと面倒だけれど、僕は、習慣になっていたため、大きな問題ではなかった。


マラソン・ジョギングランキングへ