餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

1週間後の別大…は無理だけど、1ヶ月後の東京に繋ぐ夢

スポンサーリンク

帰宅したら届いていた。

f:id:ICHIZO:20180125212143j:plain

来週末…2月4日に迫った、別府大分毎日マラソン大会の参加案内だ。

1年前の悔しさが甦る。

ゴール直前数十メートルで、時計は3時間半を過ぎ、僕は、タイムアウトになってしまったのだ。

別大の規定上、40km関門を制限時間内に超えていれば、そのレースのフィニッシャーとしては認められる。

しかし、別大の出走資格は、「グロスタイムで3時間半以内」なので、僕の記録は、次年出走に繋がらない。

ゴールインこそしたものの、精神的には、痛恨のタイムアウトなのである。

だから。

その悔しさを晴らすために、今年はリベンジの年になる筈だった。

「グロスタイムで3時間半以内」の記録は、2年間有効なので、僕は一昨年の別大記録で、今年出走することが可能。

2年前は、3時間23分でこのレースを走れていたからだ。

しかし…。

座骨神経痛を発症して以降、そんなスピードを出すことは夢のまた夢。

練習さえもおぼつかない状況だから、おそらく、10kmの第一関門さえクリアすることはできないだろう。 

ということで、別大は、もちろん見送ることを決めた。

f:id:ICHIZO:20180125212148j:plain

僕にとっては、特別な思い入れがあるレースなので、ここ数年間、ずっと楽しみにしていたのに…無念だ。

僕は、一応今年春のはなももでサブ3.5をクリアしているため、再来年まで出走権利はある。

しかし、今の実力を考えると、もう、永遠に出走できることはないだろうなぁ…。

僕は大いに落ち込んだのだけれど、すぐ、気を取り直すことにした。

僕には、東京マラソンが控えているからだ。

3年ぶりに、僕は、この夢の舞台への出走権利を得た。

まだまだ先だと思っていたのに、気がつけば、もう1ヶ月後に迫ってきている。

どんなタイムになろうとも、このレースには出走するつもりではあるけれど、でも、折角出る以上は、少しでもいいタイムを残したい。

そんな僕に…。

f:id:ICHIZO:20180125212152j:plain

ランニングマガジン クリール 2018年 03 月号

毎号愛読している「ランニングマガジン クリール」が、とても役立つ記事を掲載してくれていた。

f:id:ICHIZO:20180125212155j:plain

 東京マラソン攻略特集。

なんと、20ページ超にも及ぶ大特集だ。

詳細なマップリスト、駅トイレ&入場ゲート内の過ごし方、完走者インタビューなど、実に読み応え満載。

僕は、過去に何度か走ったことがあるので、だいたいのレースイメージはできているものの、新コースになってからの出走は初めて。

だから…。

f:id:ICHIZO:20180125212158j:plain

僕にとって未知となる、16kmから25kmのコースマップはとても参考になった。

コースの斜度が、なんと高低9段階もの形で色分けされているため、そのアップダウンイメージまで浮かんでくる。

いやはや、実に労作。流石はランニングマガジン クリールと言える特集だ。

僕は、この辺りを気持ちよく走ることができているだろうか…。

あと1ヶ月での回復、調整度合が鍵になると思うので、自分なりに精一杯の形で、楽しく当日を迎えたい。

 

ランニングマガジン クリール 2018年 03 月号 特集:東京マラソン攻略ガイド

ランニングマガジン クリール 2018年 03 月号 特集:東京マラソン攻略ガイド

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ