餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

セブンイレブンでゲット!がお得な「ランニング・スタイル」2012年4月号

スポンサーリンク

毎月22日は、ランニング専門誌の発売日。
ということで、昨晩僕は、「ランニングマガジン・クリール」と「ランニング・スタイル」を確保するべく、書店へ向かっていた*1
その道すがら、ふとセブンイレブンに寄ってみると、見慣れた雰囲気の表紙が目に留まった。


サイドリバー/商品詳細 ランニング・スタイル 2012年4月号 Vol.37

おぉ、「ランニング・スタイル」だ。
セブンイレブンに置いてあるとは思わなかったのでちょっと驚いた上に、なんと、セブンイレブン購入者限定のオリジナル付録までついているではないか。これは見逃せない。
ということで、すかさずゲットした。

オリジナル付録は、シューズバックだった。
安手の不織布バッグという感じで、決して上質なものとは言えないけれど、靴を入れるものなのだから、これで十分。耐久性もそれなりにありそうだ。

早速、東京マラソン用のシューズを入れてみた。
底にはマチがついているので、靴も楽々収まる上、ファスナーだってある。付録とはいえ、実用性は非常に高いと思う。

本誌も非常に充実。
僕にとっては、東京マラソン特集が最高だった。なんと、14ページも割かれており、ワクワクしながら耽読した。

メイン特集も捨て難い。
ランニング技法、トレーニング技術などの特集も良いけれど、こういったアフターランニングの記事も役に立つ。「ランニング・スタイル」の得意分野であり、今回も非常に充実した内容だった。

次号より月刊化というのは、嬉しい情報。
「ランニング・スタイル」は、隔月刊の雑誌だったが、昨年10月から今年の3月まで*2は月次刊行が予告されていた。その後は、隔月刊に戻るという予定だったのだけれど、そのまま月刊化に移行することになったようだ。
雑誌売上の厳しい時代にあって、これは素晴らしいニュース。それだけ、ランニングブームということなのだろう。「ランナーズ」「ランニングマガジン・クリール」とともに、3誌が競い合って切磋琢磨して欲しいと思う。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:ランナーズ」は定期購読で先行入手済。

*2:いわゆるランニングシーズン。


マラソン・ジョギングランキングへ