餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

UP24紛失…?で、終日落ち着かなかった1日

スポンサーリンク

目の前が真っ暗になった。
昨日、出張先に辿り着いた時、ふと左腕を見た瞬間のことだ。
僕の左腕には、いつも3本のガジェットが巻かれている。GARMIN 920XTJ、Nike+ Fuelband SE、そしてUP24。
yamakita5
こんな感じだ。
但し、これは昨日撮ったものではなく、10月の山北峠走直後写真の流用したもの。なぜ、昨日の朝撮れなかったかという理由を、これから書かせていただく。
昨日は、Fuelband SEでのFuel(Nike独自の活動指数)を確かめるつもりだった。僕は、毎日定期的にFuelを確認する癖がついている。そのFuelは、すぐに確認できたのだけれど、なんとなく、いつもと違う気がした。腕に違和感。
そして、すぐに気がついた。
「UPが…ない!」
出張先の待合室で、僕は叫びそうになってしまった。いつも、腕にくるっと巻かれている筈の、UP24が見当たらなかったのだ。
昨日の朝、夜明け前ラン時に装着していたことは間違いない。ランニングをしている途中で、iPhoneに、UPアプリから目標(10,000歩)達成の通知が届いたからである。
そして、その後、UP24を腕から外した記憶もなく、出張先へと出発した…筈だった。
いつもの平日ならば、僕の記憶違いを疑っていたところだったのだけれど、昨日はちょっと状況が違っていた。
昨日朝。首都圏の鉄道網は、事故が錯綜して大混乱になり、僕もその煽りをもろに受けた。
普段ならば、僕は、6時台に通勤しているため、その被害は受けずに済んだのだけれど、昨日は近隣への出張で、しかも、スタート時間が遅かった。そのため、通勤ラッシュと事故に、もろに巻き込まれてしまったのだ。最悪。
ターミナル駅では、電車、そしてホームから脱出する際、「もみくちゃ」の状態になってしまった。鞄や上着などが引っかかり、なかなか先に進めない事態になった記憶が、僕の頭に甦った。
そう、UP24は、きっとその時に外れてしまったのだ!…と、僕は確信した。
UP24までのUPシリーズは、バンド自体に留め金がなく、腕に「くるっ」と巻くだけの仕様。僕はそのシンプルさが気に入っているのだけれど、上着を脱ぐ際などに引っかかって、外れてしまうことがまれにあった。
だから、あれだけもみくちゃにされたら、きっとその際のドタバタで外れてしまったに違いない。そう思って、僕は愕然とした。
それから後は、出張先での現場作業も手につかなくなるほど、切ない思いが募った。もちろん、仕事はきちんとこなした*1が、頭は虚ろだった。
僕は、一応予備でもう1本持っているとはいえ、それだけでは安心できない。UP24は、既に生産中止で、入手困難な状況となっているからだ。
「あぁ、出張じゃなければ…」「あぁ、鉄道事故さえなければ…」と、詮無い愚痴が頭の中で渦巻いた。
夕刻。業務終了。
僕は精神的にも肉体的にもぐったりして帰路についた。UP24の睡眠ログをとらずには眠れないので、今晩は予備機の充電、ペアリングをしなきゃなぁ…と思いながら、机に向かうと…。
あれ…?なんと。

充電用の端子にUP24が刺さっていたw
なんのことはない。単に僕は、UP24を充電をしたまま、家を出ただけだったのだ。
昨日の朝、充電しようとした記憶も、端子に挿した記憶も全くなかったんだけれどなぁ…。
もう、ボケてきているのだろうか。今に始まったことじゃないけれど、自分の記憶力のなさに愕然とした。
でも、まぁ、結局は出てきたので、とても嬉しかったのだけれど。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:僕のブログは、会社の知り合いにも読まれているので、ここは強調w


マラソン・ジョギング ブログランキングへ