餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

そして大田原マラソンも、自重…。

スポンサーリンク

間に合うと思っていた。
otawara
福岡への出場を断念した時は、本当にショックだったが、僕にはまだ大田原がある。そう思っていた。
当時は流石に走れない状態だったけれど、それから2週間あれば、きっと普通に回復している筈だ。そう信じていた。
…しかし、間に合わなかった。悔しくて悔しくて仕方がない。
大田原は、とても相性のいいレースで、ここ2年間、自己ベストを更新し続けてきた。だから、今年の目標(3時間15分)達成だって夢じゃないと思っていた。
とても高い目標だったが、それに向けて、暑い日も雨の日も走り込んで調整は十分。四万十川ウルトラでも自己ベスト。文句ない状態で臨める筈だった。
…ところが。
先月末の転倒事故で暗転。自己ベストどころか、出走さえもできない状態になるとは思っていなかったので、ショックはあまりにも大きい。
怪我はゆっくりと回復しつつある。日常生活はほぼ支障がないし、ちょっとした小走り程度なら、胸も痛まないようになってきた。しかし、スピードを上げるとやっぱり痛い、苦しい。
もしも今日のマラソン大会が、ゆったりした制限時間のレースであれば、出場できたかもしれない。
しかし、大田原は4時間制限のハードなレース。今の状況で無理矢理出走しても、関門に引っかかって完走できないことは必至。万が一気力で乗り切れたとしてもダメージは必至。
いずれにしても、出走は無謀だという結論に達した。
ということで、2戦連続のDNS*1。悔しくて、切なくて、本当に泣きたくなる。今日は絶好の好天、マラソン日和だけに尚更。
しかし、いくら悔やんだところで、失ったレースは戻ってこない。今はじっと我慢の時期。
次の目標までには、身体を万全に戻し、心を切り替えて頑張っていきたい。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:Did Not Startの略。マラソンレースにおいては、欠場、棄権の意味。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ