餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

再起動のたびに、キーボードがフリーズしてしまうようになった9900

スポンサーリンク

BlackBerry Bold 9900は、僕にとって、片時も手放せないデバイスだ。

僕は、他にも、iPhone 5、Galalxy Note II、Galaly Cameraを併用している。
そして、とても便利に使っているけれど、これらの端末は、どれかが欠けても、1日ぐらいなら何の問題もない。
しかし、ことBlackBerry Bold 9900に限っては、常時使えないと困る。僕の生活の鍵になるメールや電話で、完全依存しているからだ。
だから、後継機のない状態に怯えていたのだけれど、このニュースで、今後もBBを使い続けられそうなメドがたったため、それまでは何とか9900で頑張ろうと思っている。
9900は、基本的には安定して利用できているのだけれど、現状、ただひとつだけ悩ましいことがある。再起動させた時だ。
いつからだろう。再起動がかかると、しばらくの間、キーボードが全く反応しなくなってしまうようになったのである。
液晶部分のタッチパネルは反応するものの、キーボード部分は、完全に無反応。Qwertyキーのみならず、メニューキーや発話・終話キーなどすべてのキーがダメ。
いやはやこれが本当に悩ましい。
以前は、1分程度で回復し、キーが使えるようになっていたのだけれど、最近は、それがだんだん長くなってきた。長い時は5分以上掛かることもある。9900でなければ、イライラして端末を破壊したくなるほどだ。
タッチパネルが反応するとはいっても、9900の場合、タッチパネル部分の操作だけでは、特定アプリ内を行ったり来たりするぐらいの動作しかできず、実用的には使い物にならない。
だから、ひたすら、キーボードが反応するようになるまで「待つ」「耐える」しかないのだ。これは非常にストレスがたまる。
意図的に再起動させることは滅多にないので、問題は「バッテリ切れ」の場合。
9900は、予備バッテリを常に持ち歩いているから、切れたとしても何の問題もない…筈だったのだけれど、この現象が起きるようになってから、それが殆ど意味がなくなってしまった。
バッテリを入れ替えるたびに、延々と、キーボードの回復を待たなければいけなくなったからだ。
最近は、バッテリ切れにならないよう、留意して使うようにしているが、バッテリの保ちも悪くなってきたため、非常に悩ましい。

昨日、不覚にもバッテリ切れになってしまい、再起動となったら、いきなりこんなメッセージが出た。
キーボードは反応しないし、この時はタッチパネルも無反応。OKボタンも押せなかった。電源ボタンなども無反応だったので、必殺の「バッテリ抜き再起動」しか打つ手がなかった。
一体何なんだ、これは。
ということで、ググってみると、英語のフォーラムに同様の現象が報告されていた。どうやらアプリケーションのバグやらなんやらということらしい。
しかし、フォーラム内においても、根本的な解決方法は見つかっていないようだった。
となると、できることは限られている。
僕はズボラゆえに、今まで取りかかれずにいたが、ここはいったん「完全バックアップ」⇒「ハードリセット」⇒「リカバリー」の手を取る必要がありそうだ。
それでも解決しなければ、修理、交換するしかないのかもしれない。
ただ、9900は、前述したように、片時も手放せないデバイス。だから、そのタイミングが難しい。平日は、まとまった時間がとれないからだ。
再起動にさえならなければ、安定して動いてはくれるので、とりあえず、バッテリ切れにならないように十分注意して運用したい。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ