餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

あぁ、リベルタス…。

スポンサーリンク

悪夢、だった。
1ヶ月半ぶりに競馬参加して、まさかこのような結末になるとは思いもよらなかった。まだしばらくは、馬券購入を自粛すべきではないかという気がしてきた。
皐月賞の結果としては、4番人気のオルフェーブルが、直線で素晴らしい末脚を繰り出し、3馬身突き抜けている。まさに圧巻。ドリームジャーニーの全弟だけに、距離が伸びて悪いわけがなく、兄と違って東京もこなすから、2冠奪取も有力になってきた。
しかし、僕はレースの途中から気もそぞろになっていた。僕の本命リベルタスが、中団から後方、そして最後方と、レースが進むたびにどんどん後退していったからだ。直線では、馬群から大きく取り残され、止まるのではないかと思ったほど。
結果、何とかゴールインはしたものの、タイムは、オルフェーブルに遅れること、なんと10秒。ブービー入線したビッグロマンスからも6秒以上遅れているから、大差も大差の超ダントツしんがり負けだ。
いくら何でも、これほど負ける馬ではないから、きっと何か原因があったのだと思う。馬本位のノリだけに、異常を感じた時点で追うのをやめたのだろう。骨折などでなければ良いのだけれど…。
大事でないことを願いつつ、そして、春シーズンはもう休んで欲しい。状態が悪いまま出走を続けたツケが来たのだとすれば、休養が何よりの薬だと思うから。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ