餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ゾロ目の追憶

スポンサーリンク

書きたいネタは色々あるのだけれど、どうにもこうにも、気分が重い。

全国各所、いや、世界各国のマラソン大会は中止や延期の波に呑まれているし、さまざまなイベントも同様。

コロナウイルスの影響は、ガジェット界にも影響を及ぼしているようで、3月2日から一般販売分の発送が始まったUnihertz Titanも、一時出荷が止まっている。

今月下旬に発表予定だった、iPhone 9(iPhone SE2?)についても、数ヶ月遅れるのではないかという予報が出ている。

何を書いても暗い気分になりそうなので、どうしようかなぁ…とブログを眺めていたら、こんな表示になっていた。

f:id:ICHIZO:20200313034728j:plain

最終更新22時間前、継続期間222日。おぉ、2が5個並んでいるぞ。

だから何なんだ!というツッコミが入りそうなのだけれど、ゾロ目というのは、なんだか妙に心がワクワクする。

これで、読者数が222人だったら完璧…とも思ったが、それだと、読者が16人減ってしまうということなので、僕は望まない。

こんなブログに読者登録してくださっている方に、僕は、いつも感謝しながら、ブログを書くモチベーションにしているからだ。

だからこそ、基本的に毎日書き続けているのだし、それを222日間も継続し続けてきた。

f:id:ICHIZO:20200313040139j:plain

ブログを書いた日数は累計5,531日で、このまま行けば、4月中旬までに5555日に達する、筈。

5が4つ並んで、なんだかとても縁起がいい。

5555日に到達したら、ゾロ目記念のスペシャルエントリーでも書こうかなぁと思いつつ、心の隅で、妙な引っかかりを感じた。

ゾロ目は、果たして良いことばかりなのだろうか…?という思いだ。

しばらく考えてみて、ようやく僕は、その引っかかりに気がついた。

このナンバーカードのことを思い出したのである。

f:id:ICHIZO:20200313040856j:plain

3年前。第32回 サロマ湖100Kmマラソンのナンバーカードだ。

単なるゾロ目…と言うよりも、超ラッキーナンバーと言っていい、777。スリーセブン。

このナンバーカードをゲットした時、僕は、「やった!」「今年のサロマは、もらった!」と思った。こんなに縁起がいい番号は、滅多にないと思ったからだ。

f:id:ICHIZO:20200313043109j:plain

スペシャルドリンクボトルも、ご機嫌で準備。

これらのボトルは、30km、65km、80km地点で受け取ることができるから、そのたび毎に、ラッキーナンバーの素晴らしさを噛みしめることができると思った。

ところが…。

痛恨のリタイア…。

僕は、80km地点のスペシャルドリンクを受け取ることなく、レースの舞台を下りた。

その理由については、このエントリーで詳しく書いた通り。

要は、素晴らしすぎる「777」という番号が、この日の僕にとっては、アンラッキーになってしまったということ。

いや。

本当はそうじゃない。ナンバーのせいじゃない。この日の僕が弱すぎただけだ。

それはわかっているのだけれど、僕の心には、苦い追憶として甦ってきた。

僕は、この年以来、サロマ湖100Kmウルトラマラソンに出走していない。

このトラウマを払拭するためには、サロマでリベンジしなければ…と思ってはいる。

けれど、今の僕は、100Kmを走りきれる自信が全くないんだよなぁ…。


マラソン・ジョギングランキングへ