餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

もうひとつサプライズが欲しかったNTTドコモ春モデルスマートフォン

スポンサーリンク

昨日は、NTTドコモの新モデル発表会だった。
以前から期待していた「Xperia arc」に加えて、世界最薄の上にワンセグやオサイフ機能を搭載した「MEDIAS」、そして、国内初のAndroid 3.0タブレット「Optimus Pad」が登場。
フィーチャーフォンの春モデル発表に先駆け、スマートフォン3機種のみ先行発表するというところに、スマホに賭けるdocomoの意気込みを感じる。山田社長の説明によれば、「2011年度中には20種類以上のスマートフォンを発売する」とのことだから、いよいよ、本格的なスマートフォンへのシフトチェンジが行われそうだ。
ただ、だからこそ、今回の発表には少しだけ残念な思いを抱いた。事前にリーク情報が流れすぎていたせいもあるのだろうけれど、個人的には驚きが少なかったからだ。欲を言えば、もうひとつぐらいサプライズがあると嬉しかった。
今回発表された3機種は、どれも魅力的な端末であることは間違いないが、こうやって並んだ絵を見ると、何だか同じように見えてしまう。


2011 NEW MODEL | NTTドコモ

もちろん、それぞれに個性があり、全く違う端末であることは承知しているけれど、「スマートフォン=タッチオンリーの高機能端末」との誤解が、さらに広がりそうで心配だ。
あぁ、この絵の中に、ひとつでも物理Qwertyキーを持った端末の絵があれば映えるのになぁ。それがBlackBerryだったら尚更。全世界的に見ればスマートフォン「本流」のBlackBerryが、いざ日本では、「異端」になってしまうところが、どうにもこうにも寂しい。
BlackBerry Dakotaは無理にしても、既に9780は技適を通過しているのだし、世界ではとっくに発売になっているのだから、ここに出ていてもおかしくなかった筈だ。ただ、外見上は9700とほぼ同じだし、docomo的にはインパクトが弱い、ということなのだろうなぁ…。実に残念。

総統閣下は、僕と違った意味で、今回の発表会に不満があるらしい。前回のIS01篇も面白かったが、今回も最高だ。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ