餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

小倉2歳ステークス

スポンサーリンク

この時期の2歳重賞は、どうも気乗りがしない。その理由は、僕の予想スタンスにある。
僕の予想は、過去の戦績をつぶさに眺めながら、距離、競馬場、騎手、展開、枠順、斤量などの要素をごちゃごちゃ組み合わせて、レース条件に最も合いそうな馬をあぶり出していくのが常だ。えてしてそのあぶり出し方が間違っている為、滅多に当たらないという致命的な難点wはあるものの、少なくとも、予想段階ではそれが面白い。
しかしこの時期の重賞は。わずか1戦か2戦のキャリア、それも、単調なレースしか経験していないような馬ばかりだったりするから、予想の面白味は大いに薄れる。血統や素質で予想するという楽しみ方はあるのかもしれないが、クラシックに繋がるような血統や素質を持っていなくても勝てたりする重賞だから、悩ましいところだ。ならば、たまには予想をやめればいいと思うのだけれど、それができないのが、また悩ましい(汗
本命はデグラーティア。
3戦連続で大外枠を引いたというところに、この馬の「運」を感じる。レース展開は、最内枠からダッシュする圧倒的1番人気馬を巡っての先行争いとなる筈だから、揉まれない外枠は実に好都合。そうでなくても、この時期の小倉は外がいい。2年目の俊英、浜中俊は、あの三浦皇成に勝るとも劣らない逸材。重賞勝ちこそ三浦に先を越されてしまったが、そろそろこのあたりで勝ってもいい頃だ。
相手は、武豊ツルマルジャパン。溢れるスピードは確かに認める。スプリント「向き」の馬かもしれない。しかし、実際は初のスプリント戦になるわけだし、初の小倉、荒れ馬場の内枠、と条件は決して良くない。かつては、小倉の「帝王」として君臨していた武豊の神通力も翳っている。圧倒的人気ほどの信頼はおけないとみて、ここは評価を下げてみる。
以下は、よくわからない。このレースのトレンドである「牝馬」「未勝利戦勝ち」「外枠」の条件を満たすマルカゼウス、ノアウイニングと、スピードが光るメイクデュース、無欲の追い込みが恐いシルクナデシコあたりまで。馬券は◎1頭軸マルチ3連単で、印全馬へ。
◎デグラーティア
○ツルマルジャパン
▲マルカゼウス
△ノアウイニング
△メイクデュース
△シルクナデシコ
新潟はセイウンワンダーから買う。今年の重賞で良くあるのが、《武豊があとから後悔する》パターン。ツルマルジャパンは、セイウンワンダーにマイル戦で勝っているだけに、「あぁ、新潟に行っていれば…」という展開になると、それに当てはまるからである。(なんという予想だw)


マラソン・ジョギングランキングへ