餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

中島みゆき「夜会工場」VOL.1公演に痺れた週末(前編)

スポンサーリンク

先週末は、怒濤のハードスケジュールだった。
土曜は始発の新幹線で大田原へ。フルマラソンを走ったあと、トンボ返りして横浜で所用をこなし、翌日は休日出勤。ひとりぼっちの終日作業に追われた。
ということで、日曜の夕方には疲労困憊だったのだけれど、ここに着いてからは、元気を取り戻していた。
20131124_yakai1

赤坂ACTシアター
そう、この日を指折り数えて待っていたイベントが待っていたからだ。
20131124_yakai2

中島みゆき「夜会工場」。その記念すべき第1回目の公演。
僕は、開場時刻である18時15分よりかなり前に着いたのだけれど、この日を待ち侘びて居たファンたちで既に行列となっており、入場後もごった返していた。
入口では簡易なカメラチェックなども行われていたが…。
20131124_yakai3

全く無意味になっていたw
今や、誰も彼もが、カメラつきの携帯電話やスマートフォンを持ち歩く時代。カメラチェックは有名無実化しているような気がする。
チケットなどでは、場内も一応撮影禁止と謳われていたが、係員たちは、誰もが完全黙認。「夜会工場」の公演自体を撮らなければ、おそらく問題ないのではないかと、僕は勝手に解釈した。
ということで、僕も撮影。場内で、カメラの放列が敷かれていたのは…
20131124_yakai4

「2/2」の舞台セット模型。
20131124_yakai5

そして、「〜夜物語〜本家・今晩屋」の舞台セット模型だった。
夜会で演じられた舞台の内幕がわかるアクティブな模型で、中島みゆきファン、夜会マニアにとっては、撮らずにいられないだろう。
20131124_yakai6

ロビーでは、「夜会」でお馴染みのオリジナルカクテルも販売されていた。
飲みたい気持ちはやまやまだったが、グッズの購入に時間がかかって、あまり時間もなかったし、アルコールを飲んでしまうと、冷静に公演を堪能できなくなってしまう可能性があったので、断念。今、メニューを見返して見ると、ノンアルコールの「バンブー」ならば問題なかったんだなぁと思ったけれど。
ブザーが鳴った。
開演5分前。いよいよ、待ちに待った講演が始まる。興奮で胸が熱くなってくる。
僕は、iPhoneとBBのスイッチをオフにして、いざ、客席に向かった。
(以下、続く。)
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ