餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

PCモデムとしての[es]

スポンサーリンク

ということで、ウィルコムのデータ通信カードAH-H407Pを解約してしまったため、その代わりとして、W-ZERO3をPCモデムとして接続させてみることにした。通常イー・モバイルの守備範囲内を動くことが多いとはいえ、万が一ということもあるから、その点で、日本全国どこでも安定して接続できるウィルコム通信網は必要だからである。W-ZERO3のモデム化については、以前もチャレンジしたことがあるのだけれど、その時は、CD-ROMからドライバ等を用意する必要があったため面倒になり、途中で断念してしまった。しかし今は、SHARPのサポートページに用意されているので、迷うことはなかった。ダウンロードからインストールに至るまでの流れも、Web上で丁寧に説明されているから、実に簡単である。
モデムの設定についても、これまでAH-H407Pで接続していた設定をW-ZERO3[es]に置き換えるだけ。電話番号やパスワードなどの再入力も必要なく、そのまま@niftyのアクセスポイントが利用できた。実に簡単で、拍子抜けするぐらいだった。
これで、いつでもどこでもノートPCがウィルコム回線と接続できるようになったのだけれど、ひとつだけ、注意しなければいけないことがある。USBケーブルの存在だ。これがなければ、いくらW-ZERO3があっても、ノートPCでのウィルコム接続はできないからである。
ということで、今後はこういった「くるくるケーブル」も合わせて持ち歩くことを心がけたい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ