餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

iPad Proの「設定」画面で確認できるようになっていた、AppleCare+の加入状況

スポンサーリンク

今日僕が言いたいことは、タイトルの1行に集約されている。

普通の人なら、Twitterなどでつぶやけば終わる話だろう。

これは、iOS12.2にて加わった新機能だから、もちろん、iPhoneや無印iPadでも(OSが対応していれば)確認できる。

その情報を加えても、Twitterの140文字で収まる筈だ。

しかし、そこにダラダラと余計な情報を付与するのが、僕の流儀w

なぜ僕が唐突に、AppleCare+の話を書いているかと言うと…。

先週、こんな事故を起こしてしまったため。

実用的に(今のところ)問題がなさそうだとはいえ、やっぱり気になる。

ということで、僕は、AppleCare+を利用しようかと考えた。

これは、Apple利用者ならば誰でも知っている、手厚い保証サービスで、僕は、これまで何度もお世話になっている。

折角、高い利用料金を払ったのだから、こういう場合に利用しないと損だ。

…ん。

僕は、ちゃんと加入していたよなぁ?と、思った。自分の記憶に自信がなくなる。

AppleCare+を巡って、僕は、過去、加入していた筈の端末が未加入となっていた件があった。

この時は、結局、Appleストア側に落ち度があり、一件落着となるのだけれど、僕は、何度も店員とやりとりをして、ドッと疲れてしまった。

今回は、あの時の轍を繰り返したくない。

だから、修理を依頼する前に、しっかりと、加入状況を確認しておこうと思った。

AppleCare+に加入すると、Appleから証明書が送付されてくる。

ただ、それは、たぶん引き出しの奥底にある筈で、僕は、探すのがちょっと面倒だった。

そんな「紙」を使わなくても、シリアル番号さえわかれば、問題ない。

iPad Proの本体からその番号をコピペして、Apple Webサイトにある、このページに貼り付ければいいだけ。簡単だ。

だから今回も、僕は、その方法で利用しようと思い、iPad Proの設定画面から、シリアル番号をチェックすると…。

f:id:ICHIZO:20191203050558j:plain

シリアル番号の下に、「AppleCare+」という項目が表示されているではないか!

これは後で知ったことだが、これは、AppleCare+加入者限定で、保証の有効期限内だけ表示されるものらしい。

僕の場合は、【有効期限:2020/11/09】と表示されていた。

これでホッと一安心したが、一応、その先の画面も確認してみると…。

f:id:ICHIZO:20191203051036j:plain

その詳細(というほどでもないけれど)が記載されていた。

僕のiPad Proは、ハードウェアの修理とサービスの保証対象だ。

あとは、4,400円(税込4,840円)を支払って、修理を受けるかどうか、決断するだけ。

いくら保証が効くと言っても、5,000円近くかかるとなると、少し悩む。

うーん。どうしようかなぁ…。


マラソン・ジョギングランキングへ