餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

もんじゃ焼き屋の鉄板で、自由自在な焼き色に!楽しい、美味しい「俣野也@関内」の鉄板焼餃子

スポンサーリンク

この日訪れるまで、僕は全くノーマークだった。

f:id:ICHIZO:20191204043057j:plain

店の名は、「鉄板 俣野也(またのや)」。 

関内駅や横浜スタジアムから、歩いて10分の場所に、その店は、ひっそりと存在していた。

横浜市営地下鉄の伊勢佐木長者町駅からは、歩いて1分の場所にあるのだけれど、裏道にあるため、目立たない。

しかし、それでも結構地元の人で賑わっていたのは、美味しさの証拠だろう。

僕は、この店で「もんじゃ焼きを食べよう」と誘われ、訪れた。

《鉄板》俣野也を名乗るだけあり、この店は、もんじゃ焼き・お好み焼きの店だ。

だから僕らも、もちろん、もんじゃ焼きを堪能した。

f:id:ICHIZO:20191204044813j:plain

香ばしい紫蘇と豚肉が絶妙にマッチする、しそ豚もんじゃ。

f:id:ICHIZO:20191204044904j:plain

たっぷりのニンニクで強烈なパンチ力を放つ、スタミナもんじゃ。

f:id:ICHIZO:20191204045055j:plain

チーズ、ベーコン、トマトで、ピザのような味わい。洋風屋さんもんじゃ。

三種三様で、とても美味しかった。

もんじゃ焼きの大きな魅力は、目の前の鉄板で、自ら焼いて楽しめること。

f:id:ICHIZO:20191204045627j:plain

焼けていく情景を眺めながら…そして、少しずつ食べていくのが、もんじゃ焼きの大きな魅力だ。

ただ、この店のポイントは、「もんじゃ焼き」や「お好み焼き」だけではない。

もうひとつ、大きな看板メニューがある。

f:id:ICHIZO:20191204045844j:plain

スタッフ一押しの「鉄板ギョーザ」だ。

この店は、餃子専門店ではないため、そんなに期待してはいなかったのだけれど、それは、いい意味で裏切られた。

「鉄板ギョーザ」は蒸した状態で、僕らのテーブルに運ばれてきた。

焼き色はなく、それは、目の前の鉄板を使って、自分でつける仕組みになっているようだ。

早速、並べてみる。

f:id:ICHIZO:20191204050356j:plain

ただ、鉄板の上に置いただけなのだけれど、僕は、それを眺めていると、ちょっとワクワクしてきた。

f:id:ICHIZO:20191204050748j:plain

途中で、1個だけひっくり返してみると、薄い焼き色がついていた。

中身は蒸してあるので、これでも十分食べられる筈。

しかし僕は、もっと、濃いめの焼き色が好みなので、もう少し我慢してみる。

そして…。

f:id:ICHIZO:20191204051102j:plain

こんがり焼けた! 

カリカリ感が伝わってくる、いかにも美味しそうな焼き色ではないか。

僕は、早速それを鉄板から取って、囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20191204051228j:plain

旨いぞ!

僕は思わず唸ってしまった。とってもジューシーで、仄かに甘く、何もつけなくても十分に美味しい。

皮のカリカリ感も申し分なく、僕は、大いに満足した。

もんじゃ焼きやのサイドメニューではあるが、十分、メイン料理として成り立つ餃子だ。

この日、僕は、もんじゃ焼きをかなり食べてしまったため、お腹に余裕がなかったのだけれど、今度は、この焼餃子メインで、餃ビーを堪能してみたい。


マラソン・ジョギングランキングへ