餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「カメラを止めるな!」Blu-ray&ファンブックが届いた!

スポンサーリンク

この週末、果たして時間が取れるだろうか…。

今週は、どうにもこうにも忙しくて、今の僕には、夜明け前しか自由時間がない。

土曜日は、ブルーな休日出勤後、筒井先生のイベントに駆けつけるだけで終わってしまうし、日曜の状況も不透明。

ということで、甚だ不安が残るのだけれど、でも、何とか時間を作りたい。

今年、僕が最も熱くなって見た邦画*1、「カメラを止めるな!」のメディア、Blu-rayが届いたからだ。

あぁ、あの絶叫ナイトは、本当に楽しかったなぁ。

メジャーになりすぎてしまった今、同じシチュエーション*2のイベントは実現しないと思うので、参加できて、本当に良かったことを思い出す。

ということで、僕は、その余韻に浸りたかったため、本編メディア化決定の際、付録が沢山ついているバージョンを選択して購入した。 

予約後、「Tシャツは不要だったかなぁ」と、少しだけ後悔。

僕は、これの黒バージョンを持っているし、特に着る機会もないし…。と思ったのだけれど、後の祭り。

限定品だからなのか、予約後の《キャンセル不可》となっていたためだ。

ということで、一昨日、これが届いた。

f:id:ICHIZO:20181206052437j:plain

特典映像が沢山ついたBlu-rayと、Amazon限定特典らしい「ONE CUT OF THE DEAD 現地リハーサル通しver.」DVD。

通常映画の場合、メイキングシーンなどの特典映像は、その作品の裏側を垣間見ることができ、とても魅力的だ。

しかし、この映画の場合、本編そのものが特典映像的(?)な仕掛けを帯びているため、その裏側と言ってもなぁ…という気がしないでもない。

また、あの時、「何度でも、何度でも見たい!」と思った興奮が消えて、何だか今はちょっと心が冷めている。

ただ、あんなに興奮した映画なのだし、ひとたび見始めれば、きっと、また、あの時の《ワクワク感》が甦る、筈、と期待して、見てみることにしよう。

まずは何より、見る時間を取れるかどうか。それが重要だ。

f:id:ICHIZO:20181206052454j:plain

Tシャツは、やっぱり着る機会がなさそうな気がする。

今から買うなら、約半額の投資で済む、Blu-rayだけの通常盤を選んだんだけれどなぁ…。

映像メディアに合わせて発売された、ファンブックもゲット。

f:id:ICHIZO:20181206052817j:plain

映画『カメラを止めるな!』アツアツファンブック

これは、映画パンフレットの超豪華版といった趣。

f:id:ICHIZO:20181206052647j:plain

監督のロングインタビュー、全キャストインタビューに加えて、撮影にまつわる裏話が満載となっている。

僕は、まだ、パラパラと眺めただけだけれど、「そういうことだったのか!」と思うことが多数書かれており、なかなか面白そうだ。

本であれば、通勤時などの移動中に読むことも可能だから、まずはこれをじっくり読んで、映画本編の再鑑賞に備えたい。

週末、見る時間が取れるかなぁ…。

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!

 

*1:本当は「映画」と言いたかったのだけれど、《あの映画》に超越されてしまった。

*2:小規模のシネマで、キャストを交えて一緒に盛り上がるスタイル。


マラソン・ジョギングランキングへ