餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

9900を快適な防水端末にしてくれる、「週刊アスキー」特別付録がなんたって素敵だ!

スポンサーリンク

その名も「超ぷくぷくスマホ防水ポーチ」。
既に週刊アスキー発売から1日経ち、各所で絶賛の嵐となっている。だから、ここで紹介するのも今更感たっぷりな気がする。
他ならぬアスキーブランドの付録なのだから、ポーチの防水性能に不安を抱いている人はいないと思うけれど、それでも納得できない心配性の人がいるかもしれない。
ならば、百聞は一見に如かずの画像をもって、出遅れエントリーのマイナスを取り返そう。

こんな感じでしばらく水没させてみたが、何の問題もなかった(ICHIZO調べw)。
とにかく良く出来たポーチで、これが週アスの通常号価格+100円で入手できるなら、本当にお得だと思う。超オススメ。
ということで、以下は完全に蛇足となるけれど、9900を水中に浸すまでのいきさつをつらつらと(^^;

その素晴らしい付録は、7月3日現在発売中の8/7増刊号についている。
その付録を手に持った、鞘師理保(モーニング娘。)が目印だ。僕は、本文の紹介を読むまで、誰だかわからなかったけどw

いつもの特別付録同様、しっかりとした箱におさめられている。

防水ポーチ本体。
なんとなくパスポートケースっぽいなぁと思ったら、週アス本文解説には、パスポート入れにも使えると書いてあった。

さりげなく週刊アスキーのロゴ入り。
ポーチ外面には、Suicaパスモなどを入れることができる。僕は煙草を吸わないけれど、ポーチ内に煙草を入れて、外側にタスポを入れるという使い方もあるらしい。
外側は防水ではないのだけれど、ああいったカードは濡れても問題ないのだろうか?(素朴な疑問。)

週刊アスキー本誌では、「最新スマホに幅広く対応!」として、さまざまな端末を入れた画像が紹介されていた。
しかし、その中には、BlackBerry Bold9900が入ってない…orz

ということで、入れてみた。
ケースに入れたままで、極上Qwertyキーはそのまま使えるし*1、タッチパッドもスムーズに反応する。
タッチパネルは、僕の場合全く反応しない*2のだけれど、Qwertyキーとタッチパッドがあれば殆どの操作はできるので、問題ない。

背面。
上に飛び出た形になっているのは、ケースに入れたままで写真をとれるようにするため。こういった工夫が週アスらしくて素敵だ。
ケースの防水性能については、冒頭の写真で紹介したように何の問題もない。単にジッパーロックを閉めるだけでなく、二重三重に巻いてロックするので、防水性能は十分だ。

試しにiPhoneも浸してみた。
iPhoneは、どんなに濡れてもポーチ上から快適にタッチパネルが操作できる。BBB9900と違って物理キーボードを有さないので、タッチパネルが使えなければお話にならないとはいえ、ちょっと悔しいw
いずれにしても良くできた商品で、かなり大きめのスマートフォンにも対応。なんと、GALAXY NOTEサイズまで入るのだ。
今週号の週刊アスキー発売中に、是非ゲットしておくことをオススメしたい。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:素の状態より若干打ち心地は悪くなるけれど、それでも、BB以外のQwertyキー端末よりは断然打ちやすい。

*2:#blackberryjp周りのツイートでは、一部で、タッチパネルも普通に使えるという報告が上がっている。どこが違うのだろう?


マラソン・ジョギングランキングへ