餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Stowawayタッグで実現した最強のブラウズ&入力環境

スポンサーリンク

最近はBlackBerry Boldのことばかり書いているような気がするけれど、T-01Aも毎日欠かさず持ち歩いている。
大画面ゆえ、BBBの苦手なWebブラウジングやExcelファイルの参照などといった分野に優れているからだ。使い慣れたジェットストリームをスタイラスペンにできるようになってからは、スタイラスを忘れることもなくなり、操作が実に快適になった。
しかし、僕にとって、T-01A単体ではどうしても耐えられないことがある。物理キーを持っていないことだ。だから、文字入力のことを考えると目眩がする。物理キーを廃したことであの大画面と薄さを成立させている以上、文句を言うのはお門違いなのだが、やっぱり言わずにはいられない。
ソフトウェアキーボードでQwerty入力ができるとは言っても、至高のキーボードをもつBBBに慣れた身にとっては、どうしても不満がたまる。iPhoneのように静電式パネルであれば、フリック入力でそれなりに快適になるとは思うのだけれど、T-01Aは静電式ではなく感圧式なので、それもうまくない。
ただ、文字入力の不満は、あくまで「T-01A単体で」という話だ。こういった組み合わせに変えれば、俄然、BBBをも凌ぐ最強入力端末に早変わりする。

Dell Bluetooth Keyboardと、Stowaway Travel Mouseのタッグだ。「Stowaway」タッグ*1と呼んでもいい。
実を言うと、Dell Bluetooth Keyboardについては、以前から持っており、アドエスなどとも連携させたことがあった。だから、その使い勝手の良さはわかっていたけれど、T-01Aの場合、「大画面&ATOK標準搭載」だから、その操作性が抜群に生かされる。入力に関して言うと、ヘタなネットブックなどよりも優れているんじゃないかと思うほど。
キーボードの素晴らしさはさることながら、マウスがこれまた素晴らしい。苦労の末、やっと入手したStowaway Travel Mouseだ。
このStowaway Travel Mouseを入手する前は、ロジクールのM555bを使っていた。これはこれで使いやすいマウスだったのだけれど、キーボードとの相性はよくなかった。Stowaway用のドライバーを導入してしまうとマウスが動作しなくなってしまうからだ。
Stowawayドライバを使わなくても、Bluetooth Keyboardは使えたが、そうすると、キーボードからの操作が大きく制限されてしまい、魅力半減だった。
だから、Stowaway Travel Mouseを入手できたことは本当に嬉しかった。Stowaway用のドライバーで、キーボード、マウスの魅力が最大限に生かせるようになったからだ。
何より、T-01Aにタッチすることなく、キーボードで縦横無尽に操作できるのが嬉しい。WindowsキーやOKキーはもちろんのこと、WordやExcel、Calendar、Taskなどを画面に触れることなく呼び出しできるし、ソフトキーも操れる。好きなアプリをショートカット登録することまでできるので、本当に便利だ。
さらにマウスも使えるのだからたまらない。好きな場所まで簡単に動かせるし、クリックできる。最高。もとよりブラウジングには優れている端末だから、それに快適な入力環境が備わったとなれば、無敵といってもいいぐらいだ。
いくら使いやすいとは言っても、アイテムとしては3つも使う以上、「持ち歩きだけで面倒じゃないか」と思われるかもしれない。しかし、案外そうでもない。Dell Bluetooth Keyboardはコンパクトに折りたためるし、T-01Aは極薄、Stowaway Travel Mouseは極小なので、ちょっとしたポーチに収まってしまうからだ。

惜しむらくは、現状入手が非常に困難なこと。キーボードはヤフオクなどでもそこそこ出回っているが、マウスの方がきつい。僕も色々なところに網を張った結果、やっと入手した。
T-01Aの性能を最大限に発揮させてくれる逸品タッグだと思うので、見かけたらノータイムでゲットされることをお勧めしたい。

*1:Dell Bluetooth Keyboardは、Stowaway Bluetooth KeyboardのOEM。


マラソン・ジョギングランキングへ