餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

酸素の効用

スポンサーリンク

今年のGWは、結局遠出することなく過ごした。高原のいい空気でも吸って、リフレッシュしたかったのだけれど、それが叶わなかったので、せめて酸素だけでも…と思い、カプセルに入ることにした。
久々の酸素カプセルだ。
以前は、近所のスパに「温泉&カプセル」というセットコースがあり、まとめてリフレッシュできたため、頻繁に利用していた。しかし、スパからそれが撤去されてしまって以来、ご無沙汰になっていた。酸素カプセルだけの専用施設に行くのは、ちょっと面倒と思えたからだ。
酸素カプセルの相場は結構高くて、だいたい10分1,000円程度。マッサージと同じようなイメージ。利用後すぐ、効果を感じる*1マッサージと違って、酸素カプセルはその効果がわかりにくい。ということで、手軽なマッサージに流れていた。
しかし、昨日はキャンペーン価格で50分2,980円という施設を見つけたため、試しに入ってみることにした。で…結局、入って良かった。
酸素カプセルは、ベッカムや松坂大輔、斎藤佑樹などが使っているということで有名になったけれど、その効用を疑う声もある。でも、僕の場合、何度か入ってみて、明らかなことがある。翌朝の目覚めが段違いに良いのだ。この目覚めの快適さだけでも、カプセルを利用した価値がある。
昨日は久しぶりだったし、利用施設も異なる*2ので、若干不安だったのだけれど、その効用は生きていた。これは、やはり捨て難い魅力だ。
キャンペーン価格は終わってしまったけれど、また、近いうちに利用してみようと思っている。

*1:ほんの一時的なものに過ぎないけれど。

*2:ただ、利用したカプセルはおそらく「オアシスO2」で同一。


マラソン・ジョギングランキングへ