読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「初日の出ラン in 横浜港」で明けた2016

スポンサーリンク

今年は、夜明け前から走ろうと決めていた。
横浜港で新年を迎えるのは、いつものこと。例年ならば、みなとみらいコスモワールドでの「ファイアー・カウントダウンイベント」で新年を祝うのが常だった。
しかし、大観覧車工事の関係で、2015〜2016にかけては、このイベントが中止になるという情報を入手していたので、ならば…ということで、早々に、夜明け前ランを実施することにした。
そう言えば、これまで、横浜港で初日の出を見たことがなかったので、それを見ることができるのも、大きなポイントだった。
ということで、午前5時半過ぎ。僕は、まだ真っ暗な横浜港に佇み、そして走り出した。

みなとみらいのライトアップ。

大桟橋のライトアップ。
どちらも素敵な情景ではあったのだけれど、これを撮っている時は、結構きつかった。なにしろ寒い。気温は4℃ぐらいだったようなので、極寒というほどではないのだけれど、北風が吹きつけてきて、写真を撮る手が凍えそうになってしまった。大好きな横浜港コースでなければ、心が折れていたかもしれない。
こんなことなら、1時間ぐらい遅らせて、日の出の時間に合わせて出てくるべきだったか…と思ったけれど、後の祭り。
僕は寒さに耐えながらひたすら走った。


月は木星とのコラボレーション。半月に近くなってきており、天空に明るく輝いていた。
月を見ながら走っているうち、いつしか時刻は午前6時を過ぎ、だんだんと空が青くなり、次第に赤みがかってきた。

日本丸とコスモワールド。

横浜ベイブリッジ。
そして…僕は大桟橋に上った。ここには、横浜港での朝日を拝みに、沢山の人が集合していた。群衆に包まれてしまったため、流石にもう走れず、僕はポジションをキープすると、日の出の時刻を待った。
6時50分過ぎ。


ご来光だ!
周りじゅうから、一斉に鳴るシャッター音。僕も我を忘れて撮り続けた。

大桟橋に集まった人たちは、皆、素晴らしい初日の出に見とれていた。
あぁ、これを見ることができてよかったなぁ…。僕は、凍えながら走った疲れが、一気に抜けていくのを感じていた。
初日の出ラン、最高だ。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ