餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

横浜港、秋晴れ満喫ラン!

スポンサーリンク

今日。11月30日。

f:id:ICHIZO:20191130200808j:plain

横浜、みなとみらい地区の空は、雲ひとつない快晴だった。

気温は10℃。

歩いていると、少し肌寒さを感じるかもしれないが、ランニング環境としては申し分ない。

日差しが十分降り注いでおり、実に心地いい気分で走れる。

僕は、最近、夜明け前の真っ暗な道ばかり走っていた(まぁ、好きで走っているんだけど^^;)ため、その点でも新鮮だ。

横浜港は、僕の一番好きなランニングコースなのだけれど、最近は、なかなか走ることができず、かなり久しぶりのような気がする。

いったい、いつ以来だろうと思ったら…。

6月以来だった。

あれから、もう5ヶ月も経っていたのか。いやぁ、月日の経つのは本当に早いものだなぁ…。

前回走った時も、空は晴れていたけれど、雲は結構あった。

大桟橋から富士山を見ることはできたが、その頂には雲がかかっていたことを思い出す。しかし、今日なら、完璧な富士山を見ることができる筈だ。

僕は、そんなことを思いながら、やおら走り始めた。

以下は、いつも定点撮影スポットで撮った写真だ。

f:id:ICHIZO:20191130204541j:plain

日本丸とコスモクロック。

f:id:ICHIZO:20191130204823j:plain

山下公園とマリンタワー。

f:id:ICHIZO:20191130204926j:plain

レインボーブリッジ。

こういった「定番」の情景たちは、もちろん素敵なのだけれど、横浜港ランは、それだけではない魅力がある。

訪れるたびに違う顔を見せてくれる、という点だ。

f:id:ICHIZO:20191130205929j:plain

氷川丸の錨に連なるカモメたち。

f:id:ICHIZO:20191130210308j:plain

望遠カメラを持って走っていてよかったなぁと思う瞬間である。

僕は、とにかくカモメが大好きなのだけれど、この情景は、いつも展開されているわけではない。

タイミングによっては、1羽も留まっていないことがあるので、今日はラッキーだった。

僕は、ぼーっとそれを眺めていたら、突然、頭の中に渡辺真知子の名曲が鳴り響いた。

f:id:ICHIZO:20191130210457j:plain
その時、1羽のカモメが翔んだからだ。

ハーバーライトも朝日も関係ない状態だったけれど、やっぱり、カモメと云えば渡辺真知子。反論は認めないw

カモメは、雲一つない天空に向かって、気持ちよさそうに飛び立っていった。

いやぁ、本当に惚れ惚れする。僕もカモメになりたい。

f:id:ICHIZO:20191130213109j:plain

大桟橋の上からは、赤レンガ倉庫越しの富士山がくっきり見えた。

f:id:ICHIZO:20191130213200j:plain

今日は、雲が全くかかっておらず、完璧なビジュアルだった。

手前に乱立する建造物のせいで、裾野まで見ることができないのが残念だけれど、まぁ、見られるだけ良しと思いたい。

f:id:ICHIZO:20191130211549j:plain

赤レンガ倉庫では、クリスマスイベントが始まっていた。

f:id:ICHIZO:20191130211624j:plain

出店もちゃんと、クリスマス装飾になっている。

f:id:ICHIZO:20191130212109j:plain

電飾つきの、もみの木も用意されていた。夜は、ライトアップされて綺麗だろうなぁ。

f:id:ICHIZO:20191130212249j:plain

横浜ハンマーヘッド。

10/31にオープンした、みなとみらいの新名所だ。

施設内をいろいろと探訪してみたかったのだけれど、あいにく、僕が走っていた時間には、まだ開店していなかった。

f:id:ICHIZO:20191130212617j:plain

なんだかんだで15km。

横浜港ランの15kmは、本当に短く感じる。個人的には、皇居を3周走るより断然楽しい。(皇居は皇居で、ストイックに走れて悪くないのだけれど…。)

f:id:ICHIZO:20191130172535j:plain

横浜港満喫ラン、本当に最高だ。


マラソン・ジョギングランキングへ