餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》日経賞

スポンサーリンク

決して諦めてはいない「あの馬」との勝負。
リンカーン「八分の出来」で日経賞を快勝。

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 コーナー順 3F
3 3 リンカーン     牡6 横山典弘 58 2.33.0 6-6-5-5 34.7 1
8 13 ストラタジェム   牡5 デムーロ 57 2.33.2 11/4 13-13-9-11 34.5 6
4 5 ブルートルネード  牡5 蛯名正義 57 2.33.2 クビ 3-3-3-2 35.1 8
4 4 トウショウナイト  牡5 武士沢友 57 2.33.3 3/4 7-8-7-8 34.8 4
1 1 ユキノサンロイヤル 牡9 小野次郎 58 2.33.4 クビ 7-7-7-6 35.0 9
7 11 ヴィータローザ   牡6 松岡正海 57 2.33.5 1/2 10-10-9-8 34.9 7
6 9 コスモオースティン 牡4 勝浦正樹 56 2.33.5 1-1-1-1 35.6 10
5 6 コスモバルク    牡5 五十嵐冬 57 2.33.6 1/2 2-2-2-2 35.6 2
2 2 ゴーウィズウィンド 牡7 北村宏司 57 2.33.7 3/4 5-5-3-4 35.6 11
10 5 7 フサイチアウステル 牡4 藤田伸二 56 2.34.3 31/2 4-4-5-6 36.0 3
11 8 12 ウエノマルクン   牡7 鈴木啓之 57 2.34.5 11/4 10-11-13-12 35.7 12
12 6 8 ホオキパウェーブ  牡5 後藤浩輝 58 2.34.8 12-12-9-8 36.1 5
13 7 10 エリモシャルマン  牡7 柴田善臣 57 2.35.6 7-8-9-13 36.9 13
LAP  7.2-11.8-11.9-12.5-12.4-12.4-12.8-12.8-11.9-12.2-11.8-11.3-12.0
単勝 3 \180
複勝 3 \120 / 13 \410 / 5 \860
枠連 3-8 \1050 (5)
馬連 03-13 \1220 (5)
ワイド 03-13 \490 (5) / 03-05 \1240 (14) / 05-13 \4250 (29)
馬単 03-13 \1700 (7)
3連複 03-05-13 \8980 (27/286)
3連単 03-13-05 \37650 (114/1716)
勝負師横山典弘の勝利インタビューが実に良かった。以下に少しだけ引用しよう。
先週向こうでディープが勝ってきましたから、まぁあれとね戦う為にも、ここでは落とせないとこだったんで仕上がり的に言って、八分ぐらいだったので、それで勝ったんで良かったと思いますよ。
昨年、ディープインパクト一色だった3歳クラシック戦線で、横山典弘が果たした功績はあまりにも大きい。結果的には完敗だったとはいえ、弥生賞、菊花賞と2度までもディープインパクトファンをヒヤッとさせたのだから。他のジョッキーたちが早々と白旗を上げる中で、その敢然とした騎乗は、実に清々しいものだった。
そんな勝負師ノリのことだから、春の盾取りも決して諦めてはいない筈だ。「八分の出来」で完勝した以上、100%の出来なら、ディープインパクトの体調次第では、逆転があり得ると思っているに違いない。長距離の名手、職人横山典弘は、きっと天皇賞でも果敢な騎乗を見せて、好勝負をしてくれそうな気がする。リンカーン自身、春天では2年連続1番人気になっているほどの馬なのだ。これで天皇賞が大いに楽しみになった。
コスモバルクは、それほど気負っているようにも見えなかったのだが、直線でずるずると下がって8着惨敗。他の人気馬たちもいいところなく、ただただ、リンカーンの手堅い強さだけが光ったレースであった。


マラソン・ジョギングランキングへ