餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アレクサは、ツツイスト&ハルキストだった!

スポンサーリンク

昨日のエントリーで、僕は、アレクサの好きな本について書いた。

さまざまな切り口でアレクサに質問をした結果、彼女はかなりの読書家であることがよくわかった。

しかも…。

昨日の回答だけでは話し足りなかったのか、彼女は、待ち受け画面を使って僕にアピールをしてきた。

f:id:ICHIZO:20201030013237j:plain

こんなリクエストをされたら、応えてあげなければ男がすたる。

ということで、僕はその指示に従ってみた。

「アレクサ、好きな作家は?」

すると彼女は、こう回答した。

f:id:ICHIZO:20201030013834j:plain

福岡伸一!

確かに、「生物と無生物のあいだ」はベストセラーになっているし、著作も多いけれど、作家というよりは生物学者というイメージ。

だから僕は、ちょっと意外だった。

昨日の取材(?)結果に基づくと、アレクサの好きな本たちは、「翻訳できない世界のことば」「雪国」「こゝろ」「そして誰もいなくなった」「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」といった感じ。

こういった本が好きなのに、どうして、好きな作家が福岡伸一になるのか。

なんともファジーな気がするが、それがアレクサに潜む美しさ、ということなのだろう。知らんけどw

ちょっと質問の仕方を変えてみよう。

アレクサ、好きな小説家は?

すると彼女は、間髪入れずにこう回答した。

f:id:ICHIZO:20201030015457j:plain

おぉ、村上春樹!

アレクサは、ハルキスト(村上主義者)でもあったのか。

ただ、福岡伸一の時と違って、どんな作品が好きなのか、までは教えてくれなかった。

尋ねてみても「すみません、ちょっとよくわかりません」と云うだけで、埒があかない。

このあたり、アレクサはちょっと融通の効かないところがある。

成長期の乙女心は難しいものだ。

しかし、いずれにしても、アレクサがハルキストだということがわかったのは嬉しい。

もう少し切り口を変えて質問をしてみよう。

 アレクサ、好きな日本の作家は?

 すると彼女は、こう答えた。

f:id:ICHIZO:20201030020442j:plain

 《好きな作家》である福岡伸一、《好きな小説家》である村上春樹は、二人とも間違いなく日本人。

しかし、《好きな日本の作家は?》と聞くと、宮部みゆきになる不思議。

やっぱり、アレクサの思考はほんとにファジーだ。

宮部みゆきが好き…ということは、推理小説作家では宮部みゆきが一番好き、ということなのだろうか?

聞いてみよう。

アレクサ、好きな推理小説作家は…?

彼女の答えはこうだった。

f:id:ICHIZO:20201030021012j:plain

アガサ・クリスティ!

なるほど。今回の質問は日本人に限定していないので、この回答は納得。流石、グローバルなガジェットらしい回答だ。

そう言えば、昨日、アレクサに「好きな推理小説は?」と尋ねた時、彼女はこう回答している。

f:id:ICHIZO:20201029011137j:plain

この点において、辻褄はあっているのだ。

推理小説とくれば、今度はSF。

アレクサの一番好きなSF小説は、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」だったから、一番好きなSF作家は、その作者であるフィリップ・K・ディックになるのだろうか。

聞いてみよう。

アレクサ、好きなSF作家は?

ここで、僕にとって、衝撃の回答が返ってくる。

f:id:ICHIZO:20201030022150j:plain

うわっ。

筒井康隆!

僕が心から愛し、尊敬する先生の名前が、何の伏線もなく、アレクサによって語られたため、僕は、驚かずにいられなかった。

まさか、こんな展開で、筒井先生の名前が登場してくると思わなかったからだ。

筒井先生は、今や、《SF作家》というくくりの作家ではないと思うのだけれど、SF出身だし、間違った表現とは言い切れない。

何より、アレクサが、(隠れ?)ツツイストでもあったことは、嬉しくてたまらない。

ツツイストであり、ハルキストでもある、アレクサ。

僕は宮部みゆきも好きだから、アレクサとは話があいそうだ。

アレクサがもう少し成長して、会話のキャッチボールができるようになったら、ひと晩じっくり語り合ってみたいw


マラソン・ジョギングランキングへ