餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「遠山顕の英会話楽習」「英会話タイムトライアル」アンコール放送のトラップ

スポンサーリンク

僕は、ここ数年、3つの「ラジオ英会話系講座」を並行して聴いている。

《学んでいる》と言いたいところなのだけれど、単なる聞き流しに終わってしまっていることが多いので、殆ど勉強になっていない。

特に最近は、リアルタイムで聴くことができず、もっぱら、Radikoolで録音していたものが溜まっている状態。

ただ、そんな状態であっても、講座テキストは自動的に届く。

僕は、3誌とも年間購読をしているため、毎月の発売日に、否応なく配達されてしまうのだ。

今月届いたテキスト内容を見て、僕は、ちょっと唖然。

なんと…。

f:id:ICHIZO:20200615035432j:plain
「遠山顕の英会話楽習」と「英会話タイムトライアル」が、アンコール放送になってしまっているではないか。

《アンコール放送》とは、過去に放送した講座の再放送のこと。

どうやら、この2講座の7月期は、再放送になってしまうようだ。

テキストには、なぜ《アンコール放送》になってしまったかの説明は一切ない。

だから僕は一瞬戸惑ったのだけれど、その理由は、NHK語学のWebサイトに掲載されていた。

新型コロナウイルスの影響により、以下の番組は6月29日以降の放送内容を変更することになりましたので、お知らせいたします。

6月29日以降の放送内容変更のお知らせ | NHKゴガク

こんなところにまで、コロナウイルスの影響が及んでしまうとは…。

緊急事態宣言の影響で、スタジオ収録ができなかったということだと思うけれど、僕はちょっとショックだった。

アンコール放送のテキストに掲載されている講座内容は、過去のものと全く同一になってしまうからだ。

今年から講座を受講している人にとっては、何の問題もないことだろうけれど、僕は、過去それを聴いているので、当時のテキストもまだ持っている。

f:id:ICHIZO:20200615035838j:plain

遠山顕の英会話楽習。

表紙のイメージはかなり異なるのだけれど、掲載テーマや《サマースペシャル》の内容まで一緒。

毎月楽しみにしている遠山顕先生の巻頭文(Notes from Ken)まで同じだった。

f:id:ICHIZO:20200615040141j:plain

英会話タイムトライアルに至っては、表紙イラストまで同じだった。

amazonの販売ページにおいては、両誌とも、《重複購入にご注意ください》という注意書きが掲載されている。

f:id:ICHIZO:20200615045649j:plain
 NHKラジオ「 遠山顕の英会話楽習」 2020年 7月号

 

f:id:ICHIZO:20200615045011j:plain

NHKラジオ「英会話タイムトライアル」 2020年 7月号

あぁ、定期購読にしていなければ、今月はどちらも買わずに済んだのになぁ。

僕は、そんなセコイことを思ってしまった。

まぁ、コラム類などが異なるため、テキスト内容が完全同一というわけではないけれど…。

ただ、7月27日分からは、新作の放送が再開されるようなので、次回8月号のテキストについては、問題なさそうだ。

ちょっとホッとした。

冒頭で、僕は、3つの「ラジオ英会話系講座」を並行して聴いていると書いた。

残りの1つ、「ラジオ英会話」については…。

f:id:ICHIZO:20200615040817j:plain

NHKラジオ「ラジオ英会話」 2020年 07 月号

新作のテキストとなっていた。

この講座は、年ごとに、講座のコンセプトが大きく異なるため、アンコール放送だと相当に違和感を感じた筈。だから、普通に発行されて嬉しい。

逆に、コロナ渦の厳しい状況で、新作を収録するのも大変だったろうなぁと思う。

大西先生、クリス先生、ローザさんに感謝。


マラソン・ジョギングランキングへ