餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

これぞ最強!「Unihertz Titan」×「OneTigrisポーチ」タッグ

スポンサーリンク

Unihertz Titanは、とにかくデカくて重いスマートフォンだ。

その凄さについては、入手早々のエントリーで詳しく書いた。

僕は、これまで感じたことのない衝撃を受けたが、使い込んでいくうちに、それが決してマイナスではないようにも思えている。

その半端ない「重量感」は、筐体の力強い「剛性感」からくるものでもあり、イコール、衝撃への「信頼感」にも繋がっている気がするからだ。

実際に落下テストなどを実施したわけではないけれど、きっと、落としても問題ないのだろうと思える「安心感」が、このスマートフォンにはある。

だから、筐体にケースなどを装着するのは野暮だと思えたし、裸でガンガン使い倒すのが、このスマートフォンには合っている。…と、僕は思う。

ということで僕は、Titanを、毎日鞄の中へ無造作に放り込んで使っていたが、やっぱり、常時身につけたいと思うようになってきた。

Titan筐体に直接装着する《ケース》は不要だと思うけれど、その筐体を、僕の身体に装着する《ポーチ》は、欲しいなぁと思えてきたのだ。

もともと僕はポーチが好きで、メインのスマホである、iPhoneとBlackBerryについても、ポーチ運用をしている。

f:id:ICHIZO:20200109031129j:plain

右腰にiPhone SE。左腰にBlackBerry KEYone。ぴったりフィットのポーチ&リングで快適運用♪

これは2年半前のエントリーだが、今でも、この2つのポーチは絶賛愛用中だ。

当時BlackBerry KEYone用に購入した、OneTigrisのポーチは、BlackBerry KEY2にもジャストフィット。だから、そのまま引き続いて利用している。

ということで、同じように、Unihertz Titanにぴったり合うポーチはないかなぁと探していたら…。

f:id:ICHIZO:20200109032520j:plain

OneTigris米軍愛用スマートフォンポーチ(グリーン)

このポーチを発見!

概要欄に記載されていたサイズ*1は、Unihertz Titanに適合。

OneTigrisブランドは、前述のBlackBerry用ポーチと同じ。

だから、その素晴らしさはわかっており、僕は、迷うことなく注文し…。

f:id:ICHIZO:20200108210037j:plain

ゲット!

米軍愛用のポーチと謳われているだけあり、その造りは非常にしっかりしている。

そのサイズは、想像以上にジャストフィット。

f:id:ICHIZO:20200108210247j:plain

いやはや素晴らしい。完璧。

このポーチを身につけることで、もっと気軽にUnihertz Titanを使いこなすことができそうだ。とても嬉しい。

ポーチの色は、いくつかバリエーションがあったけれど、僕は、BB用のものと揃えたかったので、グリーンを選択。

f:id:ICHIZO:20200109042954j:plain

色味は微妙に違うのだけれど、兄弟分と呼んで差し支えないと思う。

個人的にちょっと残念だったのは、Titan用のポーチが、面ファスナー(ベルクロ)タイプであること。

BB用のポーチは、バックルタイプだったからだ。

面ファスナータイプでも、実用的には問題ないのだけれど、蓋を開けるときに、「べりべりっ!」という大きな音がしてしまうのが難点。

色にこだわりがなければ…

f:id:ICHIZO:20200109035752j:plain

OneTigris米軍愛用スマートフォンポーチ(ブラック-バックルタイプ)

黒のみではあるが、Titan用サイズのバックルタイプも用意されているので、こちらを選ぶという選択肢もあるだろう。

僕は、ベルクロ開閉時のベリベリ音があまりに強烈なので、「あぁ、グリーンにこだわらず、バックルタイプを選べばよかったかなぁ…」と最初は思った。

しかし、amazonのレビューをつらつら見ていたら、ベリベリ音を軽減する裏技(?)が紹介されていたので、試してみたらこれが最高だった。

それは、蓋の部分についている「OneTigris」のロゴを取り外し、本体部分に付け替えるという方法だ。

f:id:ICHIZO:20200108210320j:plain

こんな感じにすると、ベルクロの脱着強度が弱まり、蓋開閉時のベリベリ音は大幅に削減できる。

個人的には、これで十分耐えられる範囲になった。

OneTigrisのロゴは表面につけておきたい、と言う人ならば、何か他のものを用意して貼り付けるという手もあるだろう。

総合的には申し分なく、僕は非常に気に入っている。

《強い》スマートフォンであるTitanにはぴったりのポーチで、まさに、最強コンビ。

超オススメだ。

*1:横幅:95mm/厚さ:20mm/高さ調節可能:約150mm から180mmまで。


マラソン・ジョギングランキングへ