餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

落とし物トラッカー「Tile」が身売りされ、そのデータが販売されていた件…で思ったこと

スポンサーリンク

僕は、落とし物トラッカーの「Tile」を、日頃から便利に使っている。

特に、カードサイズの「Tile Slim (2020)」は、薄いサイフにもぴったり収まって申し分なく、これまでに何度もその素晴らしさをお伝えしてきた。

だから…。

このニュースを知った時は、大いに驚いた。

落とし物トラッカー「Tile」を買収した「Life360」が無断で数千万人のユーザーの位置データを販売していたことが発覚 - GIGAZINE

なんと、「Tile」の位置情報データが、無断でブローカーに流れていることが判明したのである。

僕は、そもそも「Tile」社が買収されていたことも知らなかったから、愕然とした。

「Tile」は、落とし物トラッカーの先駆であり、最大手だったのだけれど、今年の春、appleからAirTagが発売されたことにより、苦境に追い込まれていたようだ。

そのため、今年の11月、米Life360社に身売り。

それからまだ1ヶ月も経っていないというのに、数千万人に及ぶ位置情報データが、ブローカーに販売されていたというのである。

いやはや、恐ろしい時代だ。

その中に僕のデータが含まれていたのかどうかは知らないし、個人情報が特定できるのかどうかもわからない。

しかし、常時身につけていてこそ意味がある落とし物トラッカーの位置情報が、いとも簡単に販売されてしまうというのは、恐ろしいものがある。

AirTagならば、Apple製品だから大丈夫…?なのだろうか。

よくよく考えてみれば、位置情報は、落とし物トラッカーだけが有しているわけじゃない。

僕らが毎日便利に使っているiPhoneやAndroidスマートフォンだって、位置情報を常に掌握している。

iPhoneはともかくとして、格安Androidスマートフォンを作っているメーカーなどは、Tile社同様、いつ身売りされるかわからない。

その際、位置情報データが悪用されないという保証は、どこにあるのだろう?

スマートフォンだけじゃない。

僕が身につけているもので言えば、Garminだって、Fitbitだって、位置情報を掌握している。

僕は、こういったガジェットがなければ、もう、生きていられない身体になっているので、本当に心配だ。

Apple AirTag

Apple AirTag

  • Apple(アップル)
Amazon

f:id:ICHIZO:20211208040300j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ