餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「薄いマネークリップ」とともに、3ヶ月走ってみて思ったこと

スポンサーリンク

「薄い財布」から「薄いマネークリップ」に乗り換えて、はや、3ヶ月が経つ。

「薄い財布」は、なんと言っても超ベストセラーの商品であり、その使い勝手は抜群。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グッドデザイン賞受賞【薄い財布】二つ折り財布 abrAsus
価格:14950円(税込、送料別) (2019/12/20時点)

楽天で購入

 

僕も、十分その素晴らしさを実感し、3年半使い続けた。

ただ、この「薄い財布」を長期間使った場合、唯一のデメリットといえる現象が発生する。

僕は、どうにもそれが気になってきたので、一念発起して(大袈裟^^;)「薄いマネークリップ」に乗り換えたのである。

このマネークリップについて、購入1週間後に、僕はこんなレビューを書いた。

その後も、肌身離さず僕は、この「薄いマネークリップ」とともに過ごしたが、その感想をひとことで言えば…。

↓ 

としか言えない。

あまりに感動しているので、前回のレビュー時よりも、フォントを大きくしてみたw

何が凄いといって、やっぱり、重量感を殆ど感じない!というのが超絶的にいい。

この「薄いマネークリップ」には、お札とカードしか入らないのだから、当然と言えば当然なのだけれど、いざ使い始めるまでは、僕もその素晴らしさに気がつかなかった。

しかし、毎朝常に携帯し、そして走ってみると、その軽さに痺れまくりだ。

「薄い財布」だって、凡百の財布に比べれば十分軽いが、硬貨が入る分、どうしても重量感があった。

今や、キャッシュレス決済全盛の時代。薄いマネークリップに入れた5枚のカードとスマホがあれば、ランニング中の会計で困るケースは、まず、ない。

そのため、「薄いマネークリップ」と「iPhone」さえあれば、僕にとっては、必要十分と言える。

もしも緊急に、どうしても現金が必要な時だって大丈夫。もちろん、お札を使えばいいだけのことだからだ。

あまりに薄くて軽いため、時々、持っていることを忘れそうになる、のが欠点と言えば欠点。

ランニング中以外の、日常生活において、「あれ?財布忘れた?」と思い、ポケットを探ると、実はスラックスのポケットに「薄いマネークリップ」が入っていた、ということがよくある。

ただそれは、薄さ軽さのメリットに比べれば些細なことだし、気をつけていれば問題ない。

購入当初は、ちょっと安っぽく思えた外装も、3ヶ月たったら、ちょっと味が出てきた気もする。

f:id:ICHIZO:20191220050156j:plain

薄いマネークリップabrAsus−特別な構造で、厚さ6mm。

 

さぁ今日も、素敵な相棒を持って、夜明けの街を走りに行こう。


マラソン・ジョギングランキングへ