餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夢見心地の105分。「グレイテスト・ショーマン」のエンターテイメントっぷりが出色!

スポンサーリンク

ようやく鑑賞できて嬉しい。 

f:id:ICHIZO:20180311223748j:plain

ずっと見たかった映画、「グレイテスト・ショーマン」だ。

興行元曰く、この映画は…。

ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る映画史上最高にロマンティックな感動ミュージカル・エンタテイメント

とのこと。

「ラ・ラ・ランド」は、去年僕が見た映画の中で、ベストワン級に楽しませてくれた作品。

それまで僕は、ミュージカル映画というものに抵抗を感じていたのだけれど、「ラ・ラ・ランド」は、そんな僕の思いを払拭してくれた。

だから、その流れを汲む(?)この映画には大いに期待していたのだ。

2月中旬から上映が始まっていたものの、なかなかタイミングが合わずにいたが、幸い、大ヒット中とのことで、現在も、まだ大画面での上映が続いていた。

僕は、この映画は「大画面&最高音響」でこそ、素晴らしさが際立つと思っていたため、見るならば、絶対に、そういった環境で楽しみたかった。

ということで、新宿TOHOシネマズへ。

ここは、都内屈指の大スクリーン&音響設備を備えているからだ。

f:id:ICHIZO:20180311223805j:plain

12のスクリーンを有する新宿TOHOシネマズにおいて、最大のキャパシティ(499席!)と巨大な画面サイズを誇る、9番スクリーン。

ここが凄いのは、スクリーンのサイズだけではなく…。 

f:id:ICHIZO:20180311223825j:plain

 DOLBY ATMOSサウンドも有していること。

それでいて、特別料金は200円。IMAXの追加料金が500円かかることを考えると、何だか得にも思えてくる。

座席などもゆったり広くて心地よく、本当に見やすい。

僕は今回、「中央の中央」という場所をキープできたため、まさに極上の映画体験ができると思った。

そして…。


映画『グレイテスト・ショーマン』予告編

その映画の内容は、予告編での期待を大きく超えるものだった。

何という、夢に満ちあふれた、パワフルなストーリーだろう、これは。

映画全編から溢れ出てくる、音楽の力が、とにかく凄まじい。

『ラ・ラ・ランド』の製作チームが手がけた映画、ということで、僕はその類似性に期待して、鑑賞を始めた。

しかし、いざ、ストーリーが進んでいるうち、僕は、類似性よりも、この映画の独自性に、ぐいぐい引き込まれていった。

「ラ・ラ・ランド」は、まず重厚な作品の力があって、そのストーリーを際立たせるために、ミュージカルという要素を最大限に生かした映画だと思う。

だからこそ、(結果的に作品賞や脚本賞は逃したものの)オスカーで12部門もノミネートされたのだし、監督賞をはじめ6部門を受賞した。

いわば、《エリート》系のミュージカル映画なのだ。

しかし、この「グレイテスト・ショーマン」は、違う。

評論家たちの評価は低く、オスカーノミネートは、主題歌賞(歌曲賞)のみで、それも、ディズニー映画の「リメンバー・ミー」にさらわれてしまう。

だから、無冠であり、《雑草》系のミュージカル映画。

しかし、それでいい。むしろ、それがいい。

この映画を見て、酔いしれた人たちにとっては、「評論家の評価がなんぼのもんじゃい!」と思う、筈。

まさに、この映画は、そういった低評価をものともせず、「ショーマン」の頂点に上り詰めていく話だからだ。

ストーリーは実に単純だから、冒頭からすぐにぐいぐい引き込まれるし、物語と音楽が、実に自然に溶け合っていて、最高のエンターテイメント性を感じた。

気がつけば、夢見心地の105分。

見終わって2晩経った今でも、僕は、その余韻に酔いしれている。

気になっている人は、是非、ロードショー期間中に見て欲しい。

映画館の大スクリーンで見てこそ、この映画は輝くと思うからだ。

f:id:ICHIZO:20180311223845j:plain

もちろん、パンフレットも購入。

f:id:ICHIZO:20180311223859j:plain

 大判のオールカラーで、写真、インタビュー、裏話などが満載。それでいて税込720円なので、お得感が高い。

映画に感動した人は、絶対に買っておくことをオススメ。

音楽に痺れたので、サントラ版も、もちろん注文。

「ラ・ラ・ランド」同様、ランニング時に聞き流していこうと思う。

 

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ