餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ウナギ推しが凄い「天平食堂@大塚」で、羽根つき餃子を味わった夕べ

スポンサーリンク

青い暖簾、青い看板、すりガラス。いかにも《昭和の大衆食堂》といった趣だ。

f:id:ICHIZO:20200914013415j:plain

その名は、「天平食堂」。

暖簾にも、その上の青い看板には、《食堂》としか書かれておらず、大衆食堂オーラがもの凄い。

ただ、この店は、いわゆる普通の大衆食堂とは一味違う。

f:id:ICHIZO:20200914014320j:plain

「うなぎ蒲焼」の幟(のぼり)が立っているからである。

《味自慢 中華そば》看板と《うなぎ蒲焼》幟の共存は、なかなか見ない情景だ。

f:id:ICHIZO:20200914014553j:plain

ショウウインドウには、料理の見本はなく、手書きでメニューが並んでいる。

《うな重 上》3,000円という価格設定は、昨今の鰻価格高騰を考えれば、安いと言えるのかもしれないが、店の外見を考えると、かなり異色。それだけ、自慢の料理ということなのだろう。

もちろん、鰻だけじゃなく、一品料理、定食、中華。なんでもありだ。

大きな期待を持って入店。

f:id:ICHIZO:20200914021338j:plain

僕は、週末の早い時間に入店したためか、先客は1人だけ。

店の奥には、座敷席があって、結構広い。

f:id:ICHIZO:20200914021545j:plain

僕はテーブルの片隅で、メニューを眺める。

《ご飯もの》《麺類》《一品料理》《定食》と、別格の《うなぎ》。

リーズナブルなつまみ類も豊富で、さすがは大衆食堂といった感じだ。

メニューは、店内各所にも掲示されている。

f:id:ICHIZO:20200914021527j:plain

日替わりメニューを含んだマジックボード。しかし、ここでもウナギ推し。

鹿児島産というPRポスターまで掲示されている。

f:id:ICHIZO:20200914022125j:plain

丼類、麺類のメニューが並ぶ場所でも、鰻関係は別格扱い。写真を見ると、ますます鰻が食べたくなる。

f:id:ICHIZO:20200914021929j:plain

店の奥にあるマジックボードには、前述のボードと異なる料理が並んでいたが、「うな重」だけはここにも掲載。

いやはや本当に、この店はウナギ推しなのだなぁと思った。

しかし…。

僕はそれよりも、左端に書かれている《ギョーザ》のほうが気になった。

僕は鰻が大好きだし、うなぎランナーになったこともあるが、基本的には餃子ランナーだからだ。

うな重(上)は3,000円だが、《ギョーザ》なら300円。うな重1人前の価格で、餃子なら10皿も食べられる(!)というのも魅力。

だから僕は、もちろん餃子を注文したが、焼きあがる前に、ビールのアテが必要。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20200914023608j:plain

こんな感じに。

ほうれん草のおひたし(200円)と、ニラ玉(250円)に、サービスの枝豆。

f:id:ICHIZO:20200914023820j:plain

ニラ玉は、もう少し卵が欲しかったところだけれど、250円ならば文句はない。

塩味がガツンと効いており、ビールが進む進む。

そして…。

f:id:ICHIZO:20200914024215j:plain

主役が登場!

堂々と《羽根》と纏って出てきたのには驚いた。

町中華の餃子でも、羽根つきのものは、それほど多くない。ましてやここは大衆食堂。そう考えると異色だ。

僕は、餃子の《羽根》にこだわりをもっておらず、「別になくてもいい」派だが、ビジュアル的には、やっぱり楽しい。

f:id:ICHIZO:20200914024657j:plain

盟友であるビールとの共演。

餃子とビールって、どうしてこんなに合うんだろう。こげ茶色同士だからだろうかw

サイズ的にはそれほど大きな餃子ではないけれど、なんたって300円。うな重価格の1/10。そう考えれば、納得がいく。

そして、その味は…。

f:id:ICHIZO:20200914025204j:plain

旨いじゃないか!

野菜のザクザク感も、肉の旨味もしっかり感じされて、口内に幸せがあふれる。

下味もしっかりついているから…。

f:id:ICHIZO:20200914025348j:plain

シンプルな酢胡椒が合う。

ということで、1人前はあっという間に完食してしまった。僕は、2人前まとめて注文しておけばよかったなぁと、ちょっと後悔してしまった。

f:id:ICHIZO:20200914030143j:plain

気がつくと、店内は、ほぼ満員になっていた。

常連っぽい人ばかりで、中には家族連れもいた。それだけ、地元で愛されている店ということなのだろう。

ニラ玉も餃子も、安くて美味しかったので、この店イチ押しの鰻は、かなり期待できる気がする。

今度この店に来るときは、うな重(上)を食べてみたいなぁ…と思った。

「うな重(上)」と「餃子10皿」の、どちらかを選べと言われたら、餃子を選んでしまうかもしれないけどw

f:id:ICHIZO:20200914020421j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ