餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ランニング・クイーン!

スポンサーリンク

昨年の秋以来。僕のランニング人生は大きく変わった。

クイーンの素晴らしい音楽に出会ったからである。

いい歳をしたオッさんが、今更、「クイーンの音楽に出会った」と書くのは奇妙だけれど、事実なのだから仕方がない。

あの日、「ボヘミアン・ラプソディ」を見た瞬間から、僕の、第2の人生が始まったのだ。

僕は、それまで、ジョギング時にさまざまな音楽を聴き続けてきて、何の不自由もなく快適だった。

しかし、今はもう、クイーンの音楽なしでは走れない、生きていけない。それぐらい惚れ込んでいる。

Amazon music unlimitedでは、クイーンの歌が聴き放題なので、僕は、かれこれ300曲以上をダウンロードした。

いちいちCDをレンタルして、インストールして、返却…などという手間がかからないので、ズボラな僕にも楽勝。

これが本当に素晴らしくて素晴らしくて…。(何度でも言うw)

僕は、これだけでも、Amazon music unlimitedに入って良かったなぁという思いでいっぱいだ。

300曲超のクイーン・ミュージックについて、僕は、さまざまなシチュエーションに合わせたプレイリストを作成している。

試行錯誤を繰り返しながら、ランニング専用のものも作成。

その名も…。

f:id:ICHIZO:20190403050822j:plain

ランニング・クイーン!だ。

和訳すると「走っているクイーン」になってしまうので、ちょっと意味不明なのだけれど、語呂重視w

ダンシング・クイーン

ダンシング・クイーン

 

Amazon music unlimitedなら、この曲だってすぐに再生可能。やっぱりほんとに素晴らしい。

と。また話がそれた。

僕は最近、常に、この「ランニング・クイーン!」プレイリストとともに走っている。

ジョギング時はもちろん、ガチの練習においても、クイーンミュージックがお供。

だから当然、峠走においても、僕の大きな力になった。

今回、上りではやっぱり歩いてしまったが、僕にしては珍しく、最後まで心が切れず…。

f:id:ICHIZO:20190403044341j:plain

久しぶりに、キロ5分30秒台で走れた。

数年前には、5分半を切るタイムで走れていたので、それに比べればまだまだだけれど、最近の中では圧倒的に早い。

クイーンの素晴らしい歌声は、上り坂で辛い時、大きな心の支えになったし、下り坂では、僕に勢いをつけてくれた。

だからこそ、このタイムで峠走を走り抜けたことは間違いない。

やっぱり僕は、もう、クイーンミュージックなしで、走れない、生きていけないのだ。

今回の峠走後、僕は、当初、アフターランの予定がなかった。

だから、例によって、帰り道に餃子探訪でもしていくか…などと思っていた。

しかし、峠走に向かう電車の中で、ふと、あることに気がつく。

そう言えば、今日は、「あの日」じゃないか!と。

僕は、何としてもそこに行きたい!と。

それに気がつくと、僕は、いてもたってもいられなくなった。

あいにく僕は、そこに行く権利を有していなかったが、峠走の間じゅう、僕は、ずっと、そのことばかりを考えていた。

クイーンの音楽を聴きながら、きっと、クイーンが夢を叶えてくれる。そう信じながら走り続けた。

信じるものは救われる。

下山後、僕に嬉しいサプライズが待っていた。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ