餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ライカ×シャープの驚愕一眼デジカメスマホ「AQUOS R6」発表!SIMフリー版の発売を熱望!!

スポンサーリンク

これは、スマートフォンの革命だ。

そう思えるほど魅惑的なガジェットが発表された。

その名は、AQUOS R6。

シャープのハイエンドスマホシリーズ、最新モデルの登場である。

最近のスマホは、カメラ性能を向上させるため、三眼、四眼のカメラを搭載しているものが増えてきた。

AQUOSシリーズにおいても、R6の前モデルとなるR5Gは、4眼カメラを搭載していた。

しかし今回、シャープは、カメラ部分を一新。

ライカ社との共同開発により、なんと、超大型の1インチセンサーカメラを搭載したのである。

f:id:ICHIZO:20210517230650j:plain

AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

何より、カメラ部分の見た目が格好いい。

これはもう、スマホじゃない。高品質のデジタルカメラそのものではないか。

f:id:ICHIZO:20210517232852j:plain

 カメラ部分に刻まれたLEICAの文字が眩しい。

f:id:ICHIZO:20210517232957j:plain

AQUOS R5Gの標準カメラに対して、センサー面積は、なんと5倍に。

4眼だったR5Gに比べて、カメラの数はぐっと減ったが、それを補って余りあるといわんばかりの革新だ。

f:id:ICHIZO:20210517233858j:plain

ライカ製の「ズミクロン」レンズを採用。

ズミクロンとは、ライカ レンズ群のうち、 小型軽量なF2レンズのこと。その技術を、AQUOS R5専用に再現したというのだから、自信のほどが窺える。

AQUOS Rシリーズの最新作だけあって、素晴らしいのはカメラだけじゃない。

世界初の1Hz-240Hzで駆動するPro IGZO OLED、AQUOS史上最大の5,000mAhバッテリ、世界最大サイズの3D超音波指紋センサーを搭載。

CPUもRAMも、現役モデルの中ではトップクラス。もちろん防水防塵。

f:id:ICHIZO:20210518000200j:plain

最新の性能と技術が盛り込まれた、「すべてにおいて最強」のモデルなのだ。

価格については未定(今日発表)だが、おそらく15万円程度にはなるだろう。

しかし、それだけの価値が十分にあるスマートフォンだと思う。

そんな魅力的なスマホなのだけれど、現時点で、ひとつだけ残念なことがある。

f:id:ICHIZO:20210518001646j:plain

docomo版と、SoftBank版のモデルしか発表されていないことだ。

AQUOS R5Gの時は、au版もあったのだけれど、今回はラインナップに含まれていない。何か、大人の事情が発生したのだろうか。

個人的に残念なのは、SIMフリー版が発表されなかったこと。

こういった最強モデルこそ、SIMフリー版を使いたいという人は多いと思うんだけれどなぁ…。

今後、追加でSIMフリー版が発表になることを願うばかりだ。


マラソン・ジョギングランキングへ