餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Amazon Prime 年会費」1,000円値上げ!

スポンサーリンク

うわっ、驚いた。

ネットニュースをつらつらと眺めていたら、衝撃的なニュースが目に飛び込んで来た。

Amazon Primeの年会費が、1,000円値上げされるというのだ。

僕は、「何の予告もなかったし、いきなり1,000円も?嘘だろ?」と思ったが…。

f:id:ICHIZO:20190412075614j:plain

Amazon.co.jp ヘルプ_ Amazonプライムの会費について

嘘ではなかった。

こういった値上げがある場合、大抵、「配送コストの上昇」とか「サービス拡大のため」とか理由づけされているのが普通。

しかし、何の言い訳もなく、「改定いたしました。」のみ。

あまりにシンプルな案内で、潔い感じさえするほどだ。

まぁ、1,000円値上げといっても、まだ4,900円で、ひと月あたりの会費は、408円程度。

サービスの内容を考えれば十分安いと思うし、それにどっぷり浸かっている僕(特にAmazon music)は、簡単に止められない。

だから、受け入れるつもりだけれど、ちょっとモヤモヤした気分は残る。

こういった「会員への告知なし」「言い訳なし」「事後報告」の値上げ方式が《容認》されてしまうと、今後も、同様なことが起こりえると思うからである。

そしてそれが、頻繁には発生しない、という保証はない。

「サービス内容を考えれば十分安い」が「まだ安い」になり、やがて…。

という状況に繋がらないよう、祈るばかりだ。

【追記】

僕がこのエントリーを書いたのは早朝だったのだけれど、その後、午前中に、「Amazonプライムの変更に関する重要なお知らせ」というサブジェクトのメールが送られてきた。

曰く…。

 Amazonプライムは2007年に配送特典のみで開始し、以降11年間、同価格でより多くの特典を追加してまいりました。(中略。※追加特典内容の紹介が続く)プライム会員の皆様の生活を便利で豊かにするため、努めてまいります。

要は、「11年間値上げせず、しかも、サービス・特典を追加してきたのだから、そろそろ値上げしてもいいですよね?よろしく」ということのようだ。

個人的には概ね納得だけれど、デリバリープロバイダの導入など、サービスが《悪化》したものもある。

値上げするのであれば、その点も何とか改善して欲しい。


マラソン・ジョギングランキングへ