餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

極上のキャンセル枠でライブを満喫!8回目の「ボヘミアン・ラプソディ」!!

スポンサーリンク

この雪に、感謝。

f:id:ICHIZO:20190210080455j:plain

立川駅に降り立った時、僕は、そんな思いで満たされた。

夜の立川では、雪が激しく降っていたけれど、まさに、この雪のおかげで、僕は僥倖を得ることができたからだ。

時は、その数時間前に遡る。

僕は、立川シネマシティのWebサイトを眺めていた。

シネマシティのWeb座席予約システムは非常に優れていて、いったん予約が完了したあとでも、上映開始時刻20分前までキャンセルが可能。

ということは、逆に、席が全て埋まっていても、キャンセル発生で復活する可能性がある!ということ。

僕は、その可能性に賭けて、ずっとチェックを続けていたのである。

昨日、2/9(土)夜の「ボヘミアン・ラプソディ」ライブスタイル上映回は、例によって、水曜の発売直後数分で瞬殺。

水曜時点で、僕は土曜の予定が確定していなかったため、予約バトルに参加できなかったが、その後、予定が空いた。

ということで、たびたびチェックを続けていたが、空席は全く発生しなかった。

「流石に、こんなプラチナチケットだと、みんな簡単に手放さないよなぁ…。」と僕は、少し諦めかけていた。

キャンセルは、上映時間の20分前まで可能だから、直前キャンセルが発生する可能性は十分ある。

ただ、立川への移動時間も考慮しなければならないから、少なくとも、上映数時間前までにはゲットしておきたかった。

僕は、やっぱり駄目かもと思いながら、夕方、Webサイトをチェックしてみると…。

f:id:ICHIZO:20190210085559j:plain

おぉぉ、キャンセルが出ているじゃないか!しかも、何席も!

僕は、この時点で状況を理解した。天気のおかげ、だ。

天気予報では、夜から再び雪が降る予報となっていた。

昨日の「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ上映終了時刻は、10時半を過ぎるから、交通への影響で、帰宅困難の不安がよぎる人もいる筈。

このキャンセルは、それが理由に違いない。

僕は、その画面を見るや否や、すぐ、席を押さえることにした。

選んだ席は、もちろん…。

f:id:ICHIZO:20190210090137j:plain

前方列のど真ん中という、極上の席。

音響を楽しむにも、ライブで盛り上がるにも、申し分のない場所だ。

はっきり言って、これまで見てきたライブ上映の中では、一番いい。

まさか、こんな素晴らしい席が、キャンセル枠でゲットできるなんて…。

僕は、雪に、そして僥倖に感謝した。

そんな感動を思い起こしつつ、僕は、立川駅からシネマシティまでの道程を歩いた。

風雪で、凍えるような寒さだったが、でも、僕の心は熱かった。

f:id:ICHIZO:20190210090805j:plain

シネマシティに到着!

もちろん、ふたたび満席になっている。

f:id:ICHIZO:20190210090854j:plain

僕の席から見たスクリーンの情景。

全景がきっちり見渡せるし、シネマシティ自慢の爆音も、ずんずん届く。最高の場所だ。

f:id:ICHIZO:20190210091111j:plain

上映前には、例によって、爆笑の《前説》とともに、上映ルールが表示された。

このルールが、今回も、本当に、最高に心地よかった。

f:id:ICHIZO:20190210091311j:plain

万雷の拍手とともに、夢の時間が終わった。

僕はこれが、8回目の「ボヘミアン・ラプソディ」鑑賞。スタンディングライブ上映だけでも4回目になる。

が、未だに全く飽きない。

いや、飽きるどころか、まだまだ、毎日だって参加したいぐらい、最高のライブだった。

立川シネマシティがとりわけ素晴らしいと思うのは、劇場の方と観客の呼吸が、ぴったり合っていると思うこと。

楽しませ方を《わかっている》劇場の人たちに、楽しみ方を《わかっている》観客が応える。

まさに、阿吽の呼吸で成り立っている舞台なので、安心して、最高の気分で楽しめるのだ。

僕は、まだまだひよっこのシネマシティズン*1だけれど、この呼吸を乱さないよう、今後も参加し続けていきたいと思う。

f:id:ICHIZO:20190210082631j:plain

シネマシティからは、今回も、イベント参加者特典をいただいた。

前回の特典ステッカーと違うものだったので、嬉しい。

どうやら、他にも何種類かあるようなので、コンプリートを目指したい。

f:id:ICHIZO:20190210092519j:plain

劇場からは、こんなサプライズ発表もあった。

なんと、今年の夏まで、「ボヘミアン・ラプソディ」が継続上映される!というのだ。

いろいろと政治的事情(?)があって、あくまで《目標》という形での発表にはなったけれど、シネマシティならば、きっと実現してくれると信じている。

そして…「ライブ場面全員原則タンクトップ上映」という計画もあるようだ。

確かに、夏の上映ならば、それは十分可能だろう。

これは、かなり面白い絵になりそうなので、是非とも実現を、そして、参加を目指したい。

*1:立川シネマシティ会員の愛称。


マラソン・ジョギングランキングへ