餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

はてなブログのお題で思い出した「百萬男」

スポンサーリンク

はてなブログのお題にビビッときた。

今週のお題は「100万円あったら」です。

 今、あなたの手元に100万円があったら……どうしますか?

今週は「100万円あったら」をテーマに、はてなブロガーの皆さんのエントリーを大募集。「100万円の使いみちランキング」「私が100万円で買ったもの」「100万円じゃ全然足りない!」など、皆さんの物欲を思うがままにぶつけてみませんか? ご応募をお待ちしております。

突然100万がもらえたら…というテーマで、《百萬男》を思い出したのだ。

《百萬男》とは…。

今から20年前、フジテレビ系列で放映されていたバラエティ番組である。

僕は、この番組が最高に好きで、毎回ドキドキしながら見ていた。

その内容は以下の通り。

この番組は、街行く人々の中から無作為に選んだ1人に突然100万円を手渡し、5時間という制限時間内にすべて使い切ってもらう。

ただし、金を使えるのは本人のみ、貯金や借金返済、ギャンブルに使うのはNG、もし使い切れなければ全額返済するというルールのもとで・・・。

百萬男 - フジテレビ

突然100万円がもらえるものの、それを、5時間以内に使い切らないといけないというのが、大きなポイント。

「何でも買っていいのだから、簡単じゃないか」と思われるかもしれないが、いきなり棚ボタの100万円を手渡されると、人間、頭が真っ白になるもの。

しかも、そんな自分を助けてくれるアイテムはない。

この番組が放映されていたのは、2001年。

まだ、iPhoneやスマートフォンなどが存在せず、「検索して情報を得る」ということができなかった時代だからだ。

貯金や借金返済、ギャンブルに使うのはNG、人へのプレゼントなどに使うのは不可、自分のためだけに、100万円を使い切れと言われると、なかなかどうして悩ましく、難しい決断を強いられる。

しかも、手元にある「現金」を使い切る必要があるため、オンラインショッピングでは使えない。自分で行動して、店を回って、現金を減らすしかないのだ。

だから、参加者たちは、毎回かなり苦労していた。

とりあえず数十万円の電化製品などを購入するものの、それ以外の使い道が浮かばず、時間に追われて右往左往するパターンが多かったような気がする。

なにしろ、5時間以内に使い切らなければ、全額自己負担になってしまうため、実にスリリング。

購入した商品を持ち歩いたりする必要があるので、店から店へ移動するのもだんだん苦しくなっていく。

但し、移動費には使えるため、最後は、無理矢理タクシーに乗って帳尻を合わせていた参加者もいたことを思い出す。

いやぁ、面白い番組だったなぁ。

この番組において、参加者にいきなり100万円を手渡す謎の人物、《百萬男》を演じたのは、筒井康隆先生。

僕が、子供の頃から尊敬し続けている、「あの」筒井康隆先生が演じていたのだ。

この番組において、《百萬男》筒井康隆先生は、「そんなに金がほしいならくれてやる!」という決め台詞とともに登場。

番組ラストにも再び登場し、参加者たちの顛末を、淡々と振り返っていたのが印象的だった。

僕は、そんな筒井康隆先生の《百萬男》ぶりが見たくて、毎回興奮していたような気もする。

もしも僕が、この番組に参加していたら、いったい、どんな物を選んで購入していただろう。

僕は優柔不断な性格だから、5時間という時間制限の中で、きっとパニックになっていた筈だ。

そんなガチガチの《百萬男》企画に比べると、今週のはてなのお題は、実に緩い。

100万円を手にしたあとの、利用条件も時間制限もないからである。

それだったら、僕は、海外マラソンの費用に使おうと思う。

僕の夢である6メジャー大会コンプリートで、未だ制覇できていない、ロンドンマラソンとボストンマラソン。

そのツアー費用に充当させたい。

コロナ禍の今は、海外旅行どころではないが、いつかまた、海外へ普通に行けるようになるまで、キープしておくのだ。

このツアー代金は、とにかくべらぼうに高いので、2大会あわせると、100万じゃ足りないのが難点だけどw

f:id:ICHIZO:20210623232434p:plain


マラソン・ジョギングランキングへ