餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

創業44周年の「ニュー大龍」は、町中華のワンダーランドだっ!【小岩】

スポンサーリンク

JR総武線小岩駅。

その南口を出ると、ロータリーの先に、フラワーロード商店街がある。

f:id:ICHIZO:20200927152744j:plain

昔ながらの雰囲気を醸し出す、ノスタルジックな商店街だ。

この商店街は、駅から800m程度にわたって延々と続いているが、その商店街の中にある店を目指して、僕は歩いた。

その店が営業中であることは、SNSの情報で確認済ではあったが、心の中では一抹の不安も感じていた。

食べログで、この店を検索すると、《店舗の運営状況の確認が出来ておらず、掲載保留》という扱いになってしまっていたからだ。

商店街を歩いても歩いても、店の姿が見えないため、心配になっていたところ、いきなり、ド派手な情景が目に飛び込んで来た。

f:id:ICHIZO:20200927153439j:plain

あった!

その店の名は、「ニュー大龍」。いやはや何ともド派手な店頭だ。

f:id:ICHIZO:20200927160136j:plain

入口には、創業44周年を祝う花がズラリと並び、手書きのメニューや写真が彩りを添える。

f:id:ICHIZO:20200927160539j:plain

読売ジャイアンツのマスコットである、ジャビット君がお出迎え。

マスターは野球好き、巨人好きなのだろうなぁ…ということがわかる。

巨人ファン以外だと、気後れしてしまうかもしれないが、幸い(?)僕は、一応巨人ファンなので、ちょっと嬉しくなった。(巨人ファンでなくても、全く問題ない店だったけど^^;)

ということで、入店。

f:id:ICHIZO:20200927161055j:plain

店内では、もちろん野球中継(巨人戦)が行われていて、常連客と思われる人がテレビに見入っていた。

それよりも僕が驚いたのは、店内の派手っぷり。派手なのは、店頭だけじゃなかったのだ。

壁一面が、写真やらメニューやら格言やらで埋め尽くされていて、圧巻。

f:id:ICHIZO:20200927161622j:plainf:id:ICHIZO:20200927161357j:plain

2017年には、モヤモヤさまぁ〜ずの取材も入ったようで、その時の写真も飾られていた。

写真たちは、テーブル席沿いにあり、僕はカウンター席に座ったため、ひとつひとつを細かく確認することはできなかったが、遠目で眺めているだけでも楽しい気分になった。

f:id:ICHIZO:20200927162822j:plain

厨房内も、写真とメニューが花盛り。

f:id:ICHIZO:20200927162937j:plain

格言・名言も多数飾られていて、マスターのこだわりを感じる。

僕は、そんな店内の情景に圧倒されてしまったのだが、まずは注文をしようと思った。

「とりあえずビール」はお約束として、そのアテはどうしようかと思っていると…。

f:id:ICHIZO:20200927163316j:plain

カウンター席の前に、《とりあえずメニュー》として、こんな掲示が貼ってあった。

「メンマ/らっきょう/きゅうり/ねぎ千切り/もやし和え/トマト/チャーシュー/冷ややっこ」の中から、3品を選んで300円!というもの。

いやぁ、ビールのアテには最高だ。

僕は、どれにしようか大いに迷った結果、「もやし和え」「トマト」「冷ややっこ」をチョイス。

f:id:ICHIZO:20200927163815j:plain

まずはビールが出てきた。

ビールは、キリン、アサヒ、サッポロの三種から選べるし、大瓶の633。大人の義務教育だ。嬉しい。

僕は、この日結構疲れていたし、さらに、駅からこの店まで長く歩いた、まずはこれを喉に流し込む。いやぁ、旨いこと旨いこと。

そして。

f:id:ICHIZO:20200925182730j:plain

トマトと冷や奴が出てきた。

この2品で300円でも十分納得なのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20200927164833j:plain

続いて出てきた「もやし和え」に仰天。なんと、チャーシューまで入っているではないか。

この3品で税込300円というのは、安い、安すぎる。しかも、そこそこ美味しいのだ。

僕は、この時点で、「あぁ、ここはいい店だぞ」ということを確信した。

この3品でビールを堪能しながら、やおら、メニューを眺める。

f:id:ICHIZO:20200927165147j:plain

店の入口には「ラーメン」の暖簾がかかっていたので、この店のメイン料理はラーメンなのだろう。

ただ、この店は単なるラーメン屋ではない。

f:id:ICHIZO:20200927165339j:plain

各種セットに加えて、定食類なども充実。丼物やチャーハン、カレーライス、オムライス、ナポリタンまで、何でもありだ。

手書きの文字とコメントに、味があって楽しい。

さらに。

夜は、《居酒屋モード》になるようで、おつまみメニューも多種多彩だった。

f:id:ICHIZO:20200927165622j:plain

f:id:ICHIZO:20200927165650j:plain

中華メニューに加えて、天ぷらやフライ、まぐろさしまである。しかも、全体的な価格が安い!

どれもこれも魅力的で、僕は大いに迷ったが、「ニラは力の出る野菜です」というコメントに惹かれて、ニラ玉炒めを注文。

それは、あっという間に登場した。

f:id:ICHIZO:20200927170315j:plain

いやはや何とも魅惑的なビジュアルだ。玉子のとろけ具合がたまらない。

僕は、「ニラと玉子だけ」のニラ玉が大好きで、もやしが大量に入っていると、《かさまし》なんじゃないかと疑ってしまうタチだ。

しかし、この店のニラ玉は、もやしのバランスも悪くなかった。

玉子がとにかくたっぷりで、それとニラがうまく絡み合っていて、もやしがちょうどいいアクセントにもなっている。

これで400円なのだから、実にリーズナブルな料理だと思った。

f:id:ICHIZO:20200927170611j:plain

もちろん、ビールにも最高に合う。

僕は、こうなると、店のオススメ料理を何でもかんでも注文してみたくなった。

それぐらい、この店の雰囲気やメニューは魅力的。まさに、町中華のワンダーランドだ!

僕は、そんな感動に浸ってしまった。

ただ…この日僕は、一人で訪れたため、僕の胃には限界がある。残念ながら、それほど多くのメニューは注文できない。もともと僕は大食いでないため、尚更。

となると、やはりこの後は、お約束の展開にならざるを得なかった。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギングランキングへ