餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

根岸競馬記念公苑で、天皇賞馬を見逃した痛恨

スポンサーリンク

競馬ネタを書くのは、いったいいつ以来だろう。

今の僕は、それぐらい競馬に興味を失っている。

僕は、ブログを書き始めて今年で14年目*1になるが、そのうち、半分ぐらいは、競馬にハマっていた。

そもそも、僕のブログ開始初日のエントリーは、競馬に関する愚痴なのだ。

しかし、2011年に、ランニングに目覚めて以降、僕は、休日の趣味を「競馬⇒ラン」にシフト。

基本的に僕は不器用で、両立できないタチなので、ランへの傾斜が激しくなってからは、全く競馬をやらなくなってしまったのだ。

だから。 

先週末の根岸森林公園ランで、このポスターを見かけた時も、それほど心は揺れなかった。

f:id:ICHIZO:20180822204208j:plain

第139回 天皇賞馬マイネルキッツ。

このポスターは、森林公園に隣接した根岸競馬記念公苑内のポニーセンター馬房に掲げられており、僕は、その掲示理由もよくわからなかった。

しかし、それはすぐに判明。

f:id:ICHIZO:20180822204222j:plain

なんと。

このポニーセンターに、天皇賞馬が、マイネルキッツがいるのか。

僕は、少しだけ驚いたものの、それ以上の感慨は抱かなかった。「ふーん」という感じで、また、ランに戻っていった。

帰宅後。

この日に撮った写真などを眺めていたら、何となく、「マイネルキッツ」のことが頭の片隅に響いた。

G1馬、天皇賞馬であるということの他に、僕にとって、意味のある名前のような気がしたのだ。

YouTubeで探して、この馬が勝ったレース、第139回天皇賞を見直してみる。

f:id:ICHIZO:20180823044957j:plain

競馬 - 天皇賞(春) 結果 - スポーツナビ

大荒れとなったその結果を見て、僕は、ようやく思い出した。

このレースは、この馬は、僕にとって忘れられない(忘れてたけどw)ものだったのだと。

あの頃の僕は、毎日競馬のことばかり考えていて、このブログでも、週末になると、予想エントリーをアップ。

毎週、エラそうに書き綴っていたものの、とにかく外れまくっていて、目眩が起こりそうなくらいの散財を重ねていた。

しかし…この天皇賞は、いつもと違った展開になった。

この時僕は、レースが荒れると考えて、当時12番人気だったこの馬、マイネルキッツを本命に推したのだ。

結果。

なんと、大的中。

単勝(4,560円)、馬連(10,200円)、三連複(32,390円)をゲットし、快哉を上げたのだった。

たぶん、僕の競馬歴の中でも、1,2を争うくらいの会心の予想で、高額な配当だった筈だ。

まさかそれほどのサプライズを忘れてしまっていたとは。記憶の劣化が酷すぎる。あぁ、歳はとりたくないものだなぁ…。

僕は、今更ながら後悔した。あの時、僕を大いに喜ばせてくれた馬を見逃してしまったのか、と。

ポニーセンターにとって、マイネルキッツは特別な存在だろうから、簡単には見られないのかもしれないが、係員に確認するぐらいはしておくべきだった。

あぁ、痛恨だ。痛恨すぎる。

根岸森林公園には、近々再訪する予定なので、その時は、必ず、マイネルキッツに会って、そして、あの時のお礼を伝えたい。 

 

 

*1:はてなダイアリーで11年半。はてなブログで2年半。はてなダイアリー時代のエントリーは、全て、現ブログにリダイレクトさせている。


マラソン・ジョギングランキングへ