餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

走って、歌って、飲んで!クイーンとともに過ごした1日

スポンサーリンク

先週は、クイーンのニュースばかり追っていた。

「ボヘミアン・ラプソディ」の日本版DVD/Blu-ray発売が、ついに決定したため…。

オンラインショップでの予約特典を比較してみた。

また、4月17日に迫った「クイーンの日」に関する情報が錯綜してきたので、自分なりに整理を行っている。

いざ、まとめてみて思ったのだけれど、今年のクイーンの日は本当に凄い。

イベントや記念上映などが目白押しだし、絶版となっていたCDやDVDなども一斉に再発売される。

当日は、身体がひとつでは足りなくなりそうだ。

そもそも、「クイーンの日」を、たった1日にまとめてしまうことに無理がある。

クイーンの凄さ、素晴らしさは、1日なんかじゃまとめきれない。

ということで、今日は、個人的に実施した「先取りクイーンの日」について語ることにさせていただく。(こじつけw)

時は3月31日に遡る。

僕は、久しぶりに足柄峠に赴き、早朝から峠走を実施した。

その間じゅう、僕は、クイーンの音楽を聴き続けていた。

いわばランニング・クイーン状態で、僕は、その歌声に大きな力をもらって、走ることができた。

峠走を終えると、僕は、一目散に電車へ飛び乗った。

途中、何本も乗り継ぎを行い、2時間かけてショートトリップを敢行。その目的地は、立川だった。

そして辿り着いたのは…。

f:id:ICHIZO:20190404043104j:plain

天下無双の「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ!立川シネマシティが無敵だと思う5つの理由

立川シネマシティ。

最高最強の舞台で、僕はまたしても、「ボヘミアン・ラプソディ」の、クイーンのライブを堪能した。

峠走で僕を力強く支えてくれた音楽を、思いっきり歌うことができる幸せ。いやはや、本当に素晴らしい。

なんて充実した1日なのだろうと思った。

そんな1日の余韻は、ビールと…もちろん「アレ」で堪能したい。

いや、そうせずにいられるものか。もちろん、打ち上げだ!

ただ、この日は、そんな夢の実現に、ちょっとした障害も待ち受けていた。

シネマシティでのクイーンライブ上映は、昼間の開催だったため、終了時刻は15時。実に中途半端な時間帯だ。

この時間帯は、ランチタイムが終わり、《仕込み》を行っている料理店が多く、店選びが実に難しくなるのである。

案の定…。

f:id:ICHIZO:20190408055932j:plain

前回の立川ライブ(その日は夜だった)後、僕が舌鼓をうった「りん屋」はCLOSED。残念。

しかし僕はめげなかった。

この日は、あらかじめ昼間も《通し営業》をしている店を調べていたからだ。

もちろん、僕が選ぶ以上、「アレ」(っていちいち伏せる必要あるんだろうか?w)が評判の店。

食べログなどでも、なかなか高評価だったので、期待しながら、僕はその店を目指した。

「りん屋」を過ぎて、歩くこと数分。僕はその店を発見した。 

f:id:ICHIZO:20190408053908j:plain

その店の名は、「五十番」。

外観写真はチェックしていなかったため、僕はその佇まいにちょっと驚いた。

《通し営業》であるということや、「五十番」というネーミングから、ラーメン屋っぽい、雑然としたイメージの店を想定していたからだ。

これだと、ちょっと、ひとりでは入りにくい雰囲気もある。

が、もちろん僕は気にしないので、入店。

f:id:ICHIZO:20190408053936j:plain

中途半端な時間帯であるためか、店内はガラガラだった。

が、夕方に近づくにつれ、殆どの席が埋まったし、2F、3Fの団体席にも予約の電話が何本も入っていた。地元では、ちょっとした人気店なのだろう。

着席し、メニューを眺めてみる。

f:id:ICHIZO:20190408054002j:plain

まず、こんな価格が目に飛び込んで来たので、ちょっと驚いた。

「えびのチリソース」と「あわびの煮込み」を注文したら、それだけで4,500円にもなるぞ。

僕は、食べるつもりのない料理を、脳内で勝手に組み合わせて、大いに焦った。

料理全体がこんな価格だったら、気軽にいろいろ注文できないからだ。

…が、それは僕の杞憂だった。

そもそも、海老やアワビがある程度高いのは当然だし、これは大皿料理。

f:id:ICHIZO:20190408061904j:plain

別のページには、小皿として、庶民的な価格設定のものもあった。

「あわびの煮込み」だって657円だ。

おぉ、これなら僕でも十分注文できる!(しないけどw)

f:id:ICHIZO:20190408062052j:plain

店内の黒板には、オススメ料理も掲示されており、これもまた魅力的だった。

f:id:ICHIZO:20190408062149j:plain

酒類も一通り揃っている。

ということで、僕は、ひとまずビールを注文することにした。

f:id:ICHIZO:20190408062251j:plain

この日のシネマシティでもらった《入場者特典》ステッカー。

「THE SHOW MUST GO ON」は、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のラストに流れる感銘深い曲だ。

僕は、その余韻を引き摺りながら、ビールを痛飲した。

f:id:ICHIZO:20190408062718j:plain

ステッカーの裏面がこれまた素晴らしい。

「THANK YOU JAPAN!」

僕は、そんなフレディの叫びが聞こえてきたような気がして、思わずじんとしてしまった。

f:id:ICHIZO:20190408054207j:plain

ビールのアテには、まず、「うどサラダ」を注文。

立川は、うどが名産らしく、この店には他にも多くの《うど料理》があった。

僕はあまり食べたことのない野菜だったが、サクサクとした食感が心地よく、とても美味しかった。

クイーンの余韻に酔いしれ、うどを食べ終わる頃、待ちに待った「アレ」がやってきた。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ