餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や将棋の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

僕のブログの生命線!「IBM Model M 1391401」「SlimBlade Trackball 72327JP」コンビについて語ろう

スポンサーリンク

僕は、基本的に、毎日このブログを更新している。

はてなダイアリー時代を含めると、今年で17年目。エントリー日数は、6,000日を超えた。

我ながら、よく書き続けたものだと思う。(内容はともかくとして…。)

基本的にズボラな僕が、どうして毎日ブログを更新できているのかについては、以前のエントリーで書かせていただいた。

誰の役にもたたないものを好き勝手に書いているだけなので、威張れるものではない。

ただ、このブログは、僕にとって唯一と言っていい財産だし、僕が生きていることを示す証だ。

そんなブログは、もっぱら自宅のWindows PCを使って書いている。

PCは、長い間使い続けているとスペックやパフォーマンスが低下するため、数年おきに買い換えているが、どんなにPCが変わっても、変わらないものがある。

それは…。

IBMのキーボードと、ケンジントンのトラックボールだ。

この10年以上、僕と一緒に歩み続けてくれた、大事な大事な相棒。

このキーボードとトラックボールのおかげで、僕は、ここまでブログを快適に書き続けてくることができた。

僕のブログの生命線だと言っても過言ではない。

それぐらい僕は、この2つのガジェットをこよなく愛している。

キーボードのモデルは、知る人ぞ知る「IBM Model M 1391401」

f:id:ICHIZO:20211108205030j:plain

バックリングスプリング(座屈ばね)機構を搭載した、IBM往年の名機中の名機。今はもう入手不能な逸品だ。

その打鍵感は、まさに…。

至福。

この一言に尽きる。

僕は、もう10年以上、カタカタと力強く、このキーを叩き続けているが、未だに全くヘタレないし、今後10年使っても、おそらく大丈夫だろう。

それぐらい、このキーボードの素晴らしさは群を抜いている。

入力しているだけで、幸せになれるキーボードだから、僕は、毎日ダラダラと文章を書き連ねてこられたのである。

そして。

もうひとつの欠かせないアイテムは、ケンジントン製のトラックボール。

f:id:ICHIZO:20211108213805j:plain

SlimBlade Trackball 72327JPだ。

僕がこのトラックボールを最初に入手したのは、2009年。

今でも、その時の感動は薄れていない。

これもまた、使っているだけで幸せになれるトラックボールなのだ。

なんと言っても、その斬新なデザインが、たまらなく魅力的。

四角い筐体に、赤紫色の巨大な玉が置いてあるだけ。

それなのに、これが、とてつもなく使いやすい。

右手の指先を軽く動かすだけで、細かい操作も楽々できる。

いったんこの快適性を知ってしまうと、マウスなんか使っていられない。

発売から10年以上経った今でも、同じ型番で人気を保ち続けていることが、高い完成度を物語っているだろう。

この商品については、なんと、5年保証もついてくる。

これがまた最高に素晴らしいのだけれど、その点については、書きたいことが沢山あるので、稿を改めたい。(以下エントリー参照)

f:id:ICHIZO:20211108213353j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ