餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

板橋しっとりチャーハンの名店「丸鶴」で、絶品チャーハンと《金曜土曜100食限定》の焼餃子

スポンサーリンク

以前から気になっていた店に、ようやく訪れた。

f:id:ICHIZO:20210313054848j:plain

板橋区大山にある町中華の名店。「丸鶴」だ。

チャーハンが有名な老舗で、以前から、各種メディアにも数多く取り上げられていた。

とりわけ、2015年の「マツコの知らない世界」で《板橋しっとりチャーハン》として紹介されてから人気が爆発。

連日超満員の店になってしまった。

番組で紹介されたチャーハンがあまりに美味しそうだったので、僕もいつか行こうと思い、チャンスを狙っていたが、なんと、餃子がない!という情報を得て、一気に意欲が失せた。

もともとはメニューにあったようなのだけれど、テレビ出演によって多忙となったため(?)か、販売休止になってしまったのだ。

しかし、最近、SNSで、「金曜と土曜限定で餃子が復活している!」という情報を得た。

僕は、ちょうど金曜日に休暇がとれたため、「これは行くしかない!」と思い、訪問を決めた。

f:id:ICHIZO:20210313061055j:plain

店頭には、看板メニューのチャーハンに加えて、「本日限定 餃子100食」の掲示がなされていた。胸が躍る。

さぁ、入店しよう!と思ったら、入口にあるこんな貼り紙が目に留まった。

店主からの【お詫び】だ。

f:id:ICHIZO:20210313055743j:plain

 テレビ出演直後は、行列が続いて、常連からクレームが出たのかもしれないなぁ…。

メディアの人気に流されず、常連を大事にしたいという、老舗のこだわりが感じられた。

僕は、そんなところもなかなかいいと思いながら入店。

開店直後の11時過ぎに訪れたにも関わらず、既に10人以上の先客がいた。

ただ、この店は45席もあるため、まだまだ余裕。

僕は、奥の席に案内され、ゆったりと腰を下ろした。

やおら、メニューを眺める。

f:id:ICHIZO:20210313062909j:plain

ごく一般的な中華料理のメニューが並んでいるが、「チャーハン」の文字がない。

その理由は、メニューを裏返してみればわかる。

f:id:ICHIZO:20210313063338j:plain

チャーハンだけは、別格扱いなのだ。

この店のメニューとしては、こちらの方が「オモテ」になるのかもしれない。

僕がメニューを眺めていると、店員さんが注文をとりに来た。

開口一番「今日は餃子がございます。」とのこと。

僕は一瞬、大いに戸惑った。餃子ランナーであることがバレたのかと思ったからだ。

いや。

バレても何も困らないし、むしろ嬉しいのだけれど、それは自意識過剰だった。

店員は、僕の斜向かいにいた客にも、「今日は餃子がございます。」と言った。

そう。

餃子は金曜土曜限定のメニューだから、店員は、入店客全てにそう尋ねているのだ。

僕は、チャーハンの種類選択で少し迷ったが、初回訪問だし、一緒に餃子も食べるし…と思い、ノーマルチャーハンを注文することにした。

ということで僕は、店員に「チャーハンと餃子」と告げ、それが登場するまでの間、店内を見渡していた。

f:id:ICHIZO:20210313065245j:plain

ずらっと並ぶ有名人たちの色紙と写真。この店の歴史と人気を感じさせる。

f:id:ICHIZO:20210313065348j:plain

この店は、元カリスマホスト城咲仁さんの実家だということで、店内には、城咲仁さんのポスターも掲載されていた。

僕が注文した料理は、それほど時間が経たずに、目の前へ運ばれてきた。

f:id:ICHIZO:20210313071539j:plain

チャーハン&餃子の黄金コンビだ!

f:id:ICHIZO:20210313065836j:plain

チャーハンは、ドーム型が崩れてしまっていて、ちょっと残念…と、一瞬思った。

しかし、その断面から豪快に顔を出すチャーシュー群を見て、僕は、「これを誇示するために、わざと崩したんじゃないか?」と思えてきたw

それぐらい、このチャーハンにはチャーシューがゴロゴロと入っていたのだ。

この店には、別途「チャーシューチャーハン」というメニューがあるが、普通のチャーハンでもこんなにチャーシューが入っているとなると、「チャーシューチャーハン」はどんだけなんだよ、と思った。

前述「マツコの知らない世界」では、チャーシューチャーハンについて、《チャーシューとご飯の割合が1:1》と紹介していたが、あながちそれも誇張ではない気がしてきた。

とりあえず、一口食べて見て、僕は、その旨さに痺れた。

いやぁ、なんという「濃い」味なのだろう。しっとりとした、つやつやのご飯は、塩胡椒がガツンと効いていて、ちょっと塩っぱいのだけれど、それがいい。実にいい。

噛みしめるたびに、ラードの味わいと謎の旨味が口内に溢れ、幸せな気分になる。

そして、ゴロゴロ入っているチャーシューがたまらない。実に柔らかく、ほろほろとしたチャーシューなので、いくらでも食べられる気がする。

僕は、チャーハンにそれほど詳しいわけではないが、これまで食べてきたチャーハンの中では、ナンバーワンクラスといえるものだった。

いやぁ、これは是非、他のチャーハンも食べてみなければ…と僕は思った。再訪決定だ。

そして。

f:id:ICHIZO:20210313073258j:plain

金曜土曜のみ、100食限定のレアな焼餃子。

ちょっと焼きすぎな気もするビジュアルだけれど、僕は、カリカリ系の餃子が好みなので、これくらいならば許容範囲だった。

囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20210313073844j:plain

皮はもちもちカリカリで、食べ応えがある。その具は、肉の比率が結構多めだけれど、肉汁などは感じない。

どちらかと言えば淡泊な味と言えるが、濃厚なチャーハンのお供としては、ぴったりだ。

僕は、常々餃子にとって最強のお供はビールだと思っているのだけれど、この餃子は、チャーハンのお供として、最適化(?)されているような気がした。

この日、店内にいた客の殆どがチャーハンを食べていたが、そのうち半数ぐらいが餃子を注文していたことが、最強タッグの証明だろう。

f:id:ICHIZO:20210313074722j:plain

ランチタイムは、アイスコーヒーの無料サービスまで提供される。

f:id:ICHIZO:20210313074756j:plain

とにかく濃厚な味のチャーハンなので、食後には、アイスコーヒーがぴったりだ。

いやぁ、本当に僕は、このチャーハンが気に入った。

流石は、板橋しっとりチャーハンの名店として名を馳せるだけのことはある。

レタスチャーハンやエビチャーハン、そして、チャーシューチャーハンも食べて見たいので、近いうちにまた訪れるつもりだ。


マラソン・ジョギングランキングへ