餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「iPhone 12 mini」が売れない現実。見えない未来。

スポンサーリンク

調査会社のCIRPが、米国におけるiPhoneシリーズの売り上げデータを公表した。

f:id:ICHIZO:20210111062258j:plain

iPhone 12 Mini Sales Lackluster Compared to Other Models - MacRumors

グラフの上段は、2020年10月~11月における、iPhoneシリーズの売り上げシェア。

下段は、2019年の9月における、iPhoneシリーズの売り上げシェア。

つまり、iPhoneの新シリーズが発売になった月に、それらが、iPhoneシリーズ全体の中で、どれくらいのシェアを占めたのかを示したものになる。

グラフの色使いが細かすぎて、ちょっとわかりにくいので、解説させていただくと、こんなイメージになる。

f:id:ICHIZO:20210111063804j:plain

グラフの上段、12シリーズの発売時シェア(赤枠の部分)は、76%を占めている。

グラフの下段、11シリーズの発売時シェア(青枠の部分)は、69%だった。

この結果から考えると、iPhone12シリーズの立ち上がりは、昨年よりも好調…ということができる。

ただ、個人的には、とても気になる現象が発生していた。

iPhone 12、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxは、どれも20%以上のシェアを占めているのに、iPhone 12 miniのシェアが、たった6%しかないことだ。

iPhone 12miniは、発売が遅れて11月になったため、iPhone 12、iPhone12 Proに対して多少のビハインドはある。

しかし、miniと同時発売されたiPhone12 Pro Maxが、20%超のシェアを占めているのだから、やはり、miniだけ断然売れていない、というのが現実だろう。

iPhone 12 miniの大きな特徴は、小さいながらも、無印iPhone 12と同等の性能を有していること。

f:id:ICHIZO:20210111074843j:plain

僕は、これが12miniの最大の魅力であると感じていた。

コンパクトでありながら、高性能。いやぁ、最高じゃないか!と。

しかし、米国において、そういった考えをする人は少なかったようだ。

米国では、もともと「大きいことはいいことだ」的な嗜好があり、だから、iPhoneも年々サイズアップを重ねてきた。

iPhone 12miniは、そんな大型化の傾向に逆行するもの。

無印iPhoneよりは1万円程度安いが、それでも、米国人にとっては、小さいくせに値段が高い!と、いうことなのだろう。

もちろん、米国にだって、小さいiPhoneを求める層もいる。

しかし、そんな人には、最適のiPhoneがある。

そう。iPhone SEだ。

それは、シェアを再確認してみるとよくわかる。

f:id:ICHIZO:20210111072825j:plain

iPhone 12 miniよりも、iPhone SEの方が売れているのだ。

要は、小さい端末が欲しいなら、SEで十分ということなのだろう。

iPhone SEは、とにかくコスパ抜群の端末。

もちろん、iPhone 12 miniに比べると性能は落ちるが、その価格差を考えると、iPhone SEが優位に立っているというのが現実だ。

この傾向は、米国だけにとどまらない。

日本においても、iPhone SEの方が、iPhone 12miniより売れているという調査結果が出ているのだ。

日本市場では、米国に比べるとiPhone 12miniは健闘している。

しかしそれでも、Appleの期待した水準には至っていないと思う。

…となると、僕は俄然不安を抱いてきた。

僕は、iPhone 12miniの発売直後に、こんなエントリーを書いている。

iPhone 12miniに大きな魅力を感じながらも、現状のiPhone SEから乗り換える決心がつかず、iPhone 13 miniの登場を待ちたい、という内容だ。

iPhone 13 miniでは、きっと、何らかの形でTouch IDも搭載してくる筈なので、それも含めて期待した。

しかし…。

ここまでiPhone 12 miniが売れないと、その後継機が出るのかどうかも不安になってきた。

iPhone 12シリーズの次が、iPhone 13シリーズになるかどうかは不明だが、いずれにしても、後継のシリーズは、今年の秋に発表される。

そのラインナップに、果たして「mini」は含まれているのだろうか。

僕は、それが大いに心配だ。


マラソン・ジョギングランキングへ