餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

赤いiPhone 8登場!でふと思い出した、懐かしのDELL Streak Pro

スポンサーリンク

赤い衝撃、ふたたび。

f:id:ICHIZO:20180410043244j:plain

iPhone7の時にも、少し心が揺らいだiPhoneのレッドバージョンが、iPhone8でも登場した。

今回も、7の時と同様に、(PRODUCT)RED™という冠がついている。

そう。

これは、Apple社が継続的に取り組んでいる、プロダクト(RED)の趣旨に賛同して発売される商品であり、Appleの公式サイトでも、その旨が告知されている。

f:id:ICHIZO:20180410043828j:plain

(PRODUCT)RED™ - Apple(日本)

Appleとして、非常に力を入れているプログラムの最新作なのである。

僕は、もともと赤い色のスマートフォンが大好きだということもあって、当然、気になった。

…が、今回も見送るつもりだった。

僕は、iPhone6以降のサイズアップをどうしても受け入れられず、5→5S→SEという路線を使い続けている。

一方、iPhone 8は、7の延長線上にある商品。

7の(PRODUCT)RED™バージョン購入を見送った以上、今回も華麗にスルーの予定…ではあったのだけれど、このビジュアルを見た時、再び心がぐらついた。

f:id:ICHIZO:20180410045154j:plain

 

なんだか、少し懐かしい気持ちを覚えたからだ。

それは、7の(PRODUCT)RED™バージョン発売時には、感じなかった懐かしさだった。

それはいったいなぜだろう?と思い、ちょっと調べてみると、僕は、その理由に辿り着いた。

f:id:ICHIZO:20180410051255p:plain

Apple iPhone7 レッド (PRODUCT)

7のレッドバージョンにおいては、端末正面のベゼル(画面周囲の枠)が「白」だった。

折角背面が赤一色で鮮烈で格好いいのに、何だかおめでたい感じになってしまったなぁと思った記憶がある。

この時は、それで興味が薄れてしまったのだけれど、今回は、違った。

その理由は、ベゼルの色。今回は、それが「白」から「黒」に変更となっていたのである。

全面赤一色の方が、もっと格好いいのに…とは思ったが、個人的には、白よりも黒の方が断然気に入った。

紅白のおめでたさがなくなり、引き締まった感じがするし、僕がかつて愛した、このスマートフォンを彷彿させてくれたからだ。

f:id:ICHIZO:20180410052508j:plain

あぁ、懐かしきDELL Streak Pro。

この端末は、液晶サイズ5インチ級のフルタッチ端末、ベゼルは黒、背面は赤一色なので…。

いわば、「なんちゃってiPhone 8(PRODUCT)RED™」と言えないこともない気がしたのだ。

全く違うよ!というツッコミが入りそうだけれど、僕にとっては、非常に思い入れがある端末なので、それに免じて許していただきたい。

お蔵入りさせてしまってから、もう数年以上になるが、かつては毎日持ち歩き、愛用していたAndroidスマートフォンだったのだ。

裏返してしまうと、iPhoneとは似ても似つかぬ端末になる。

f:id:ICHIZO:20180410053449j:plain

DELLロゴの存在感が強烈すぎw

ただ、赤一色のインパクトは大きかったし、画面も見やすく、気に入っていた端末だった。

独自端子を使っているため、充電には一苦労*1するし、そもそも、バッテリがまだ生きているかどうか不明。

ただ、もしも復活できるなら、久しぶりに再利用してみたいと思う。

それで、iPhone 8(PRODUCT)RED™への物欲を抑えよう。

 

 

*1:少し探してみたのだけれど、今日は、専用の充電ケーブルが見つからなかった。


マラソン・ジョギングランキングへ