餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「iPhone SE(第2世代)」では、「iPhone 8」用のガラスフィルムが使えない!…ので買い直した件

スポンサーリンク

iPhone SE(第2世代)の発表後、僕は、その筐体を見て、「iPhone 8」の流用だと思った。

初代のiPhone SEが、「iPhone 5」系列の筐体を流用していたのと同様に、今回のSEは、「iPhone 8」の筐体を流用しているのだと。

旧モデルの筐体を流用しつつ、内部構成を変更することが、Special Editionの位置づけなのだと悟った。

だから、本体入手後、(個人的には)必ず必要になるケースや、ガラスフィルムを、予め確保しておくことにした。

SE(第2世代)対応と謳われていなくても、8用を買っておけば問題ない、筈。

ということで、僕は、それらを早々にゲット。

ケースについては、昨日のエントリーでご紹介させていただいた。

これは、「iPhone 8」対応のハードケースだったが、「iPhone SE(第2世代)」にもぴったり合って、しかも最高。

僕が購入したあと、一時的に品切にもなったようだから、あぁ、早々に入手しておいて良かったなぁ…と思った。

ガラスフィルムについても、僕は、同様にiPhone 8用のものを準備済みだった。

f:id:ICHIZO:20200427031746j:plain

これだ。

僕がゲットした時点では、2枚入って597円という破格の値段だった*1し、評価も非常に高かったので、いい買い物をしたなぁと思っていた。

f:id:ICHIZO:20200427033422j:plain

ゲット。

「for iPhone 8/7/6s/6」と、幅広く対応を謳っている。iPhone SEの表記はないが、心配はしていなかった。

f:id:ICHIZO:20200427033806j:plain

クリーニングキットなども2組入っていたし、説明書の表記もしっかりしていた。

画面貼り付け用の工具までついている。文句なし…だと思った。

ということで、iPhone SEをゲットした日の翌朝、早速装着。

f:id:ICHIZO:20200427034119j:plain

一見、何の問題もないように見えた。

ところが、よく見ると…。

f:id:ICHIZO:20200427034217j:plain液晶の端の部分が、このように浮いてしまっている。

f:id:ICHIZO:20200427034303j:plain

反対側も同様。

やっぱりこれは気になるし、指でその部分を触っていると、簡単に外れてしまいそうな感じだった。そうなると、実用的にも問題だ。

何回押さえつけてみても、ダメ。どうしてもガラスが浮いてきてしまう。

いったいこれはどういうことなのだろう…と思い、途方に暮れていたら、こんなニュースを発見した。

なんと、iPhone SEのガラス面は、iPhone 8とエッジの湾曲が僅かに異なっているようだ。

液晶フィルムを貼るのであれば、それでも問題ないが、ガラスフィルムだと、端の部分が浮くことになるとのこと。失敗したなぁ…。

まぁ、でも、僕の買ったガラスフィルムは、もともと、iPhone SEの対応を謳っていないものだったので、仕方ない。597円は、勉強代だと思って諦めよう。

iPhone SE(第2世代)の発表に、対応を謳ってあるガラスフィルムについては、その点についてもクリアしているようだ。

候補はいくつかあったが、僕は、これを注文することにした。

 

【2枚セット】Nimaso iPhone SE 第2世代 (2020) 用 強化ガラス液晶保護フィルム 貼り付け簡単/硬度9H/高透過率/気泡ゼロ

 「iPhone SE 第2世代 (2020) 用」と明記されているし、iPhone用のフィルム販売元として定評ある Nimaso製品だから、問題ない、筈。

今日届く予定なので、そのレビューはあらためて行わせていただこう。

*1:今日、4月27日の時点では、なぜか値上がりして897円になっている。


マラソン・ジョギングランキングへ