餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

祝!羽生善治九段、歴代最多「通算1,434勝」達成!!

スポンサーリンク

嬉しくてたまらない。

f:id:ICHIZO:20190605033602j:plain

羽生善治九段、通算1434勝達成 歴代単独1位に|将棋ニュース|日本将棋連盟

僕が心から尊敬している羽生善治先生が、ついに歴代最多勝を達成したからだ。

昨晩は、テレビでニュース速報も流れたほどの大記録。

将棋に興味がない人にも、これが「偉業」であることは伝わったと思う。

僕は、昨晩のTwitterでも呟いたのだけれど、この嬉しさは、やっぱりブログでも書き残しておきたかった。

何が嬉しいと言って、永瀬拓矢叡王を破っての勝利という点が大きい。

f:id:ICHIZO:20190605044728j:plain

永瀬叡王は、今をときめく若手のホープ。その年齢は、まだ26歳であり、48歳の羽生先生とは22も離れている。

昨年度は、「あの」藤井聡太七段に次ぐ、2位の勝率(8割)を誇る強豪で、今年度は叡王戦をストレート勝ち(4勝0敗)したほど、乗りにのっている棋士だ。

しかも。

現役の棋士では数えるほどしかいない、「羽生先生に勝ち越している」羽生キラー。(永瀬叡王の7勝3敗)

直近でも、王位戦リーグの初戦や竜王戦1組トーナメント戦という重要な棋戦で、羽生先生を破っている。

羽生先生は、そんな《天敵》相手に、大記録がかかるプレッシャーの中で見事勝利したのだから、素晴らしいと言うしかない。

しかも。

今回は、王位戦挑戦者決定リーグ(白組)の優勝がかかる、プレーオフ戦で勝ったというのも大きい。

あとは、赤組優勝者である木村一基九段*1を破れば、豊島三冠(名人・王位・棋聖)への挑戦権を得ることになる。

木村九段は、先日の竜王戦1組ランキング戦出場者決定戦で、羽生先生に勝利。

「千駄ヶ谷の受け師」や「オジオジ」という異名を持つ、棋界きっての人気者オジサン (と言っても、羽生先生より3歳年下なのだけれど^^;)だ。

僕は木村九段も大好きなので、少し悩ましいが、今回ばかりは、やっぱり羽生先生を応援。

ただ、今後の道程は険しい。

たとえ木村九段に勝利したとしても、ラスボスである豊島三冠の壁が立ちはだかる。

しかし僕は、何としても、王位を獲得してもらいたいと願っている。

羽生先生には、《タイトル獲得通算100期》という、前人未踏の大記録もかかっているからである。

木村九段との大決戦は、明日。

非常にタイトなスケジュールだが、羽生先生には、何とか万全な体調・気力で臨んで欲しいし、勝利を願いたい。

*1:こちらも昨晩プレーオフが行われ、菅井七段相手の激闘を制した。


マラソン・ジョギングランキングへ