餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「朝市@板橋宿不動通り商店街」で餃子を発見!したけれど…。

スポンサーリンク

先週日曜の夜明けランで、僕は、板橋宿不動通り商店街のお雑煮に救われた。

お雑煮のおかげで、僕は、ロングランで冷え切っていた身体が温まり、スタミナも十分補充できた。

いやはや、最高のお雑煮エイドだ。

ただ、このエイドは、常に存在しているわけではない。

そもそもこれは…。

f:id:ICHIZO:20200121042446j:plain

毎週第三日曜だけ開催される、朝市の出店だったからである。

しかも、例月は《お雑煮》はなく、1月だけの特別メニュー。だから、僕が今回、お雑煮に出会えたのは、実に幸運だった。

この朝市では、お餅の他、板橋区自慢のさまざまな逸品たちが並んでいた。

f:id:ICHIZO:20200121050757j:plain

f:id:ICHIZO:20200121050821j:plain

f:id:ICHIZO:20200121050850j:plain

f:id:ICHIZO:20200121050916j:plain

お菓子の数々…。

f:id:ICHIZO:20200121051016j:plain

パン。

f:id:ICHIZO:20200119063009j:plain

採れたての野菜。

どれもこれも魅力的だったが、僕的に、絶対見逃せない出店もあった。

f:id:ICHIZO:20200121043755j:plain

GYOZA!だ。

こんなのぼりを見かけたら、いても経ってもいられなくなる。

のぼりには、「お持ち帰りできますよ。」と書いてあるが、待ってなどいられない。すぐに食べて、エネルギーにする必要がある。

なぜなら僕は、餃子ランナーだからだ。

お雑煮を食べた直後ではあったが、餃子は別腹なので全く問題ない。

ということで、喜び勇んで駆け寄ってみたが、僕の期待は大きく裏切られた。

f:id:ICHIZO:20200121044926j:plain

それは、各種ガイドブックなどで紹介されている店のようで、その点は大いに期待できたのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20200121045226j:plain

この朝市では、冷凍餃子しか販売していなかったからである。

僕は、のぼりに書かれていた文章に、文句をつけたくなった。

だってそうじゃないか。

いくら僕が餃子好きでも、冷凍された餃子をそのまま食べることはできない。焼くなり煮るなりの加工は絶対に必要だ。

だから、もしものぼりに書くなら、「お持ち帰りできますよ。」じゃなく、「お持ち帰りしかできません!」だろ。

そんな八つ当たりを言いたくなった。

これは後で知ったことなのだけれど、この出店を出していた餃子店は、商店街の近くにあり、その店内では、もちろん、焼いた餃子を食べることができる。

こののぼりは、その店頭に置いてあるものを流用したため、《お持ち帰りできますよ。》となっていたのだ。

その理由を知れば、まぁ、納得できないことはないが、僕は今回、のぼりを見て胸が高まっただけに、大いに落胆した。

次回の朝市では、出店で餃子も焼いてくれないかなぁ…。

早朝から焼餃子を食べたいと思う人が、どれだけいるのかよくわからないけれどw


マラソン・ジョギングランキングへ