餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

クイーンライブ帰りの立川で、こだわりのギョウザバーに出会った!

スポンサーリンク

時は先月中旬。

6回目の「ボヘミアン・ラプソディ」を見た日に遡る。

昨日、7回目鑑賞時のレポートを上げたばかりなので、「時系列がメチャメチャじゃないか!」と突っ込まれそうだ。

しかしそれは、ちょっと時空が歪んだだけの話で、SFの世界ではよくある現象。僕はSF好きだから、これでいいのだw

僕にとって6回目の「ボヘミアン・ラプソディ」は、立川シネマシティで鑑賞。
ライブスタイル形式での、追加公演だった。

この日の公演は、昼間の回で実施されたため、僕は、ちょっと珍しいなぁと思った。

こういった企画は、夜の回の方が盛り上がるんじゃないか?と思ったからだ。

しかし、そこは《わかってる》立川シネマシティ。

ちゃんと理由があったのだ。

この日、ライブスタイル上映を主催した立川シネマシティのWebサイトには、以下のようなメッセージが書かれていた。

昼間かよ、と言うなかれ。終わるとちょうど飲み屋がオープンする時間という、最高のタイミング。

叫び、手がおかしくなるほど拍手した疲れと、こぼした涙で乾いた体に染みこむ、冷えた酒。

シネマシティ|ニュース

なるほど。

僕は、これを読んだ時に感服。そして、ライブ後、まさにそれを実感した。

思いっきり叫び、手がおかしくなるほど拍手したし、熱くなりすぎて、身体はカラカラに乾いている。

あとは、その身体に「冷えた酒」を流し込むだけだ。

ということで、僕は、立川の街に繰り出した。

ライブ前に、Webで立川駅周辺の餃子店を調査し、僕はそのうち1軒に向かうつもりで、駅前の道を歩いていた。

初めての訪問になるため、Googleマップで確認し、目的の店に向かっている途中で…。

f:id:ICHIZO:20190131043645j:plain

この店を見つけた。

「ギョウザバー りん屋」という、その名前は、Webチェック時も発見していた。

ただ、その時、僕はあまり惹かれなかった。

巷によくある餃子バーの一種で、本格的な味は期待できそうにない気がしたからだ。

また、「ギョウザバー」という響きも、なんとなく安っぽくて、僕の好みに合わなかった。

ということで、この店はスルーの予定だったのだけれど、その外観を見ていたら、考えが変わってきた。

少なくとも、安っぽい雰囲気の店ではない。

単なるギョウザバーではなく、《離れ》という響きもいい。

そして何より…。

f:id:ICHIZO:20190131045035j:plain

この看板に惹かれた。

僕の身体は、クイーンライブの興奮で火照っていたから、とにかく、冷たくて美味しいビールを欲していたのだ。

f:id:ICHIZO:20190131045412j:plain

ギョウザバー りん屋(立川/国立/国分寺 / ギョウザバー )[プレミアム超達人店]|サントリーグルメガイド

サントリーが認定する、《プレミアム超達人店》にも選定されている。

僕は、常日頃から、餃子とビールほど最高の組み合わせはないと思っており、だから、美味しいビールが飲めるというだけで高ポイント。

餃子に関しては未知数だったけれど、店の雰囲気からして、きっと悪くない、ら筈。

ということで、僕は、当初の方針を変更することにした。

もしも餃子が美味しくなかったら、ビールだけ飲んで、《ハシゴ》すればいいだけだ。問題ない。

入店。

f:id:ICHIZO:20190131050301j:plain

店内は縦長で、それほど広くない。

先客も2人しかおらず、「これは失敗したか…?」と思ったが、大きな誤解だった。

空いていたのは、単に開店早々だったため。

席は殆ど予約で埋まっており、1時間もすると満員に。

その後も、ひっきりなしに客が訪れ、そして、残念そうに帰って行ったからだ。

ただ、この写真を撮った時点では、人気がない店なのかと不安に思っていた。

僕は、とりあえず生ビールを注文。

ビールが提供されるまでの間、つらつらとメニューを眺めてみると、この店は、まさに《こだわりの店》だということがわかった。

f:id:ICHIZO:20190131050741j:plain

生ビールへのこだわりはもちろん…。

f:id:ICHIZO:20190131050948j:plain

餃子についても、こだわりを訴えていた。

「一つ一つ丁寧に包んだ手作り餃子」と、「お酒に合うようブレンドした4種のタレ」

おぉ、これはちょっと期待できるんじゃないか?

f:id:ICHIZO:20190131051119j:plain

テーブルには、確かに、《こだわりの》4種タレが用意されていて、主役の餃子を待ち侘びていた。

と。

f:id:ICHIZO:20190131051255j:plain

生ビールがやってきた!

きめ細かくて美しい泡。いやはやこれは美味しそうだぞ。

ということで、お通しをアテにぐいっと一杯。

旨い!

流石は、プレミアム超達人店だ。僕は、お通しが出る前に飲み干してしまい、すぐに追加注文。

f:id:ICHIZO:20190131052617j:plain

お通しがあるのに、漬物まで頼んで、2杯目のビールを堪能した。

これだけ旨いビールのアテに、野菜だけ食べて帰るなんてあり得ない!

僕はそう結論づけて、もちろん、餃子を注文することにした。

f:id:ICHIZO:20190131052824j:plain

こだわりの餃子は5種類。かわりだねの餃子を入れると10種類以上の餃子があった。

かわりだねはともかくとして、こだわりの餃子ぐらいは制覇したい。

最小単位の3個づつでも、5種類となると15個か…と思いながら、メニューを眺めてみると、「餃子盛り合わせ」というものがあることを発見。

これを頼めば、レギュラー5種類+週替わりの餃子1種をまとめて食べることができるようだ。

注文は2人前からとなっていたが、ひとりで2人前食べても12個。

大丈夫、いける筈だ。

f:id:ICHIZO:20190131053540j:plain

この日の週替わり餃子は、《高菜レンコン餃子》。

僕は、高菜もレンコンも大好物なので、とても魅力的だった。

週替わり餃子は、単品だと5個単位でしか注文できないが、餃子盛り合わせには2個含まれる。

ならば、もう、これは、盛り合わせしかあり得ない。

ということで、僕は、店員に「餃子盛り合わせ2人前」を注文した。

美味しいビールに喉を鳴らしながら、僕は、しばし超絶ライブの余韻に酔いしれていると…。

(以下、続くw) 


マラソン・ジョギングランキングへ