餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

シンプルかつ自由で激安!「IIJmio」新料金プランの圧巻

スポンサーリンク

docomoのahamo、auのpovo、そして、ソフトバンクのLINEMO。

この春、大手キャリアは、20GBでの画期的な新料金プランを開始する。

povoとLINEMOは、5分かけ放題をオプションとし、月額2,480円まで価格を下げてきた。*1

さらには、楽天モバイルが、衝撃的なプランを発表したため、いよいよMVNO*2(格安SIM)陣営には苦しい時代になってきた…かと思えた。

しかし、どっこい、そんなことはなかった。

MVNOでは、これまで、日本通信、mineo、BIGLOBEなどが、大手キャリアへの対抗策を打ち出していたが、それらが全て霞んでしまうほどのプランをIIJmioが発表した。

f:id:ICHIZO:20210225004426j:plain

格安SIM/格安スマホのIIJmio|新プラン【ギガプラン】登場!

音声通話可能な回線が、月々2GBまで780円というのは激安だ。

月額料金プランは、2GB、4GB、8GB、15GB、20GBと、細かく設定されており、それぞれの料金設定が、他MVNOと比べても断然安い。

f:id:ICHIZO:20210225004529j:plain

これは、練りに練られた料金設定だと思う。

1GBまでだと、楽天モバイルの0円に叶わないが、それを超えると、なんと、楽天モバイルよりも絶妙に安くなるのだ。

楽天モバイルは、2GBだと980円だし、3GBを超えると1,980円になってしまうからである。

また、楽天モバイルは、2回線目以降、1GBでも980円になってしまうため、複数回線を所有するなら、IIJmioの方がお得になる。

しかも、IIJmioは、docomoやauの回線を使って接続するため、「繋がりやすさ」「安心感」という点でもメリットが大きいだろう。

別途通話料金が必要になってしまうものの、「殆ど通話をしない」「インターネット電話やLINEで十分」という人であれば、実に魅力的なプランだと思う。

このプランの凄いところは、ユーザーのニーズにあわせて、いろいろな需要に応えることができること。

f:id:ICHIZO:20210225012934j:plain

この自由度の高さは、実に魅力的だ。

大手キャリアの新プランは、【20GB、1人1回線が前提】となっているため、《複数台利用》による特別なメリットはないし、「20GBもいらないから、もっと安くして欲しい」というニーズには対応していない。

大手キャリアでも、通常プランとして、小容量データ対応のプランがあるものの、選択肢が少ない上に、割高。

しかし、IIJmioの新プランは、状況に合わせて自由にチョイスできる上に、格安なのだから、比較にならない。

さらに…。

6月以降開始となるようだが、余ったデータ量の翌月繰り越しに対応する上、異なる契約間のデータシェアまで可能になる。

f:id:ICHIZO:20210225015102j:plain

これは、まさに無敵と言えるのではなかろうか。

IIJmioには、現在、ファミリーシェアというデータプランがあり、これは、1つの契約でSIMを最大10枚まで使用でき、データの翌月繰り越しやデータシェアも可能となっている。

今回のギガプランは、いわば、その【発展的進化形】と言えよう。

僕は現在、ミニマムスタートプランとファミリーシェアプランを契約中で、SIMは、合計5枚発行しているが、毎月15GB*3のデータ容量を使い切れずに余らせ、繰り越しを続けていた。

それぞれの端末における利用状況を鑑みて、今回のギガプラン複数契約に乗り換えれば、データ容量が増える上に、月額料金も断然下げることができそうだ。

いやぁ、これは素晴らしい。

昼休みなど特定の時間帯において、繋がりにくくなるという難点がある(これは、MVNO全体における課題)ものの、それさえ目をつぶれば、 IIJmioは、回線もサポートも優れている。

この新プランで、さらにその魅力が高まったと思う。

*1:docomoのahamoも追随するかもしれないという情報あり。

*2:NTTドコモなどの携帯電話会社から通信回線を借り受け、通信サービス料金の安い「格安SIM」を提供している事業者のこと。

*3:ミニマムスタートプラン3GB&ファミリーシェアプラン12GB


マラソン・ジョギングランキングへ